トランプが大統領になって本当にカナダに移住したアメリカ人カップル




トランプが大統領に当選したとき、カナダの移民局のサイトは落ちたそうですが、本当に移住したカップルがインタビューを受けています。

トランプを圧倒的に支持していたカリフォルニア州に住んでいたHeather Vargasさんは、もう当選直後に移住を決心したそうです。

カナダの方が将来に不安を感じずに暮らせるということのようですね。
あの選挙のあと、ヒラリー支持者というより、トランプ不支持者の方々が絶望に近い者を感じたであろう事は想像はできますけれども。

しかし、実際に別の国に移住するとなると、現実的にはいろいろな問題があるでしょうね。
カナダは英語が通じますし隣国ですから文化的にはあまり心配が無いにしても、生活して行くにはまず仕事が必要ですし、トランプが嫌だからと言ってカナダの政治が受け入れられるかというのは別問題です。
少なからず不自由や困難があるはずです。

それでも移住を選んだというのは、それを決意させるだけの理由があるわけで、やっぱりトランプ大統領の誕生というのは事件だったわけですね。。。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所