投稿

TOEIC990点を目指すリスニング:Part1

■990点を目指すにはもちろんPart1は落とせない リスニング、というかテスト全体を通して一番簡単なセクションだと思いますし、テストが始まったばかりでまだ体力も全開なので(笑)、難しくはないセクションですよね。
6問しかないし。

990点を目指すレベルであれば、あえてPart1の対策というものはもうしていないと思います。

しかし、だからこそ落とせないというプレッシャーもあったりなかったり。

■ポイントは動作と時制 僕が個人的にPart1が唯一他のセクションより難しいかなと思う点は、動作を表す表現。
かがんでいる、とか膝をついているとか、他のセクションであまり出ない単語が出てきます。
これはビジュアルがある問題特有でしょう。

また、時制にも気を付けたくて、「今まさに~をしている(進行形)」なのか、「一般的に~する(現在形)」なのか、「~した状態である(現在完了など)」なのか、この辺の違いはひっかけとして注意が必要な気がします。

例えば、歩道が舗装されている写真が出ていても、人がだれも映っていなければ、「今まさに舗装の作業が進行中である」という選択肢はバツになりますよね。
ここはフワッと聴いてると引っかかるところ。

■英語をビジュアル化する練習は英語の習得一般に役立つ 英語をビジュアル化する、写真などのイメージと結びつけるという練習は、日本語を介さずに英語を理解する練習になりますので、実はすごく本質的です。
そういう意味で、Part1の対策は、英語力全般の底上げになりますね。
日本語を介さずに英語を理解するということは、当然語順通りに頭に入れていくことになりますので、Part3・4のような少し長いナレーションも理解しやすくなります。

逆に僕は、テスト中にPart3・4のナレーションを聴くときは、目を閉じて状況を絵としてイメージするようにしていますが、これはそのままPart1の対策にもなると思います。

■小説を洋書で読むのもおすすめ 小説は動作を表わす動詞、状態を表す形容詞のバリエーションが豊富です。
微妙な違いを表現するのに少しずつ違った単語が出てくるわけですね。
教科書的な英文ではあまり出会えないような、いろいろな表現に出会えるのでお勧めです。

ただし、Part1の対策としてだけとらえるなら、負荷が高すぎますね。
楽しみながら英語力全体をあげつつ、リーディングス…

Kindle Unlimitedおすすめ:English Short Stories For Intermediate Learners: 8 Unconventional Short Stories to Grow Your Vocabulary and Learn English the Fun Way!

イメージ
英語学習者は、簡単な英語でストーリーを読んでみましょう、というコンセプトで、8つのショートストーリーが読める本です。

こう言っちゃうとナンですが、正直「タダだから読んでみるか」という、途中で投げ出す気満々で手に取った(笑)のですが、良い意味ですごく裏切られた本。

どのストーリーも短編かつ簡単な英語ながらも、ちょっと意外な展開があり、なかなか読ませるんですよね。

■どんな構成? 8つのストーリーはそれぞれ独立したもの。
ジャンルも様々で、青春もの、スパイもの、サスペンス?、ホラー?などなど。

各ストーリーはさらに3分割されていて、途中で理解度テストがあるのが面白いところです。
理解度テストは話を理解していない場合には、端的に言い換えられた問題の正解を見ることで、逆にストーリーを理解する助けにもなります。

■レベル感は? CEFRというレベル判定基準のB1~B2レベル程度を想定しているとのこと。
ざっくりとですけど、TOEICだと500~800くらい? 英検だと2級~準1級くらいでしょうか。
平易な文体で書かれていますので、ゆっくり読めば、高校生レベルでもついて行けるかと思います。
多読の入門書と言って良いでしょうね。

■意外に楽しめるのストーリーは必見 繰り返しですけど、小粒ながら意外と楽しめるストーリーが秀逸です。
教材ってつまらないものも多いのですけど、これは著者の筆力をたたえたい。
とにかく「理解して読めた!」という感覚を味わえる、楽しい本ですね。

Kindle Unlimitedおすすめ:TOEIC(R)テスト Part 3 & 4 鬼の変速リスニング

イメージ
「スパルタやで!」という帯がやたらキャッチーな本書。
最初に言っときますけど、この本はTOEIC対策のリスニング力向上に、めっちゃ効果的だと思います!
これがタダとはおそるべし!

■どんな本? 本、と言いますが、どちらかというと本体は音声。
ラジオ講座的な感じと思っていただけると分かりやすいかなと思います。
本には問題文が印刷されているほか、解説文も有りますが、基本的に音声で全部解説してくれますので、問題文以外はあまり読む必要は無いです。

7日間×4週間で終わる講座形式になっています。
1回の構成はこんな感じ。↓

まず2.5倍速(鬼速)から聞き始めて、2倍(爆速)、1.5倍(快速)、1倍(等速)で問題に答える。
一応、不安な人向けにはキーワードヒントと0.7倍(亀速)も付いています。
その後問題の答え合わせをしながら、解説を聞く。

そして本番はココから。
リピ―ティング、オーバーラッピング、シャドウイングという口を動かす練習を1倍、1.5倍の音声を使ってみっちりとやるようになっています。

■レベル感は? 「スパルタやで!」となっているとちょっと身構えますが、前提として必要なスキルのレベルが高いというよりも、きっちり付いていく精神力が必要という意味ではないかと思います。
最後の方の1.5倍でのオーバーラッピングとシャドウイングは、なかなかハードなトレーニングです。
しかしながら、いきなりそこまで出来なくても、出来るレベルで練習をつんで、やがてたどり着こうという気持ちさえ有れば大丈夫。

Amazonの紹介ページでは「対象レベルTOEICテスト300点台~」と書かれていますが、確かにやる気さえあればそのレベルでもついて行けると思います。
ただ、現実的に一番向いているのは600点台くらいからでは無いかなというのが、僕の個人的な感覚です。

またこの本は耳を鍛えるものですので、単語や文法は別に学習する必要がありますね。
本書をキッチリ終えれば、耳に関して言えば、TOEIC900点レベルになれると思います。

■体裁など この本はリフローになっていますので、Kindleでハイライトを付けることが出来便利です。
難点は、文字の大きさによっては英文本文が1ページに入りきらないことかな。
文字を見ながら音声を聞くとき、ページの移動がKindleではちょっと面倒と感じる時があります。(…

CNNリスニング検定 プレテスト

「CNN English Express」という月刊誌を出している朝日出版社が、新しい英語のリスニングテストを開発中だそうです。
その名も「CNNリスニング検定」。
で、プレテスト(モニター?)とやらに応募して当選したので、受験してきました。

内容を公にするな、みたいなことは言われてないので、いろいろ書いてみます。
まぁ、基本的にまだ始まってないテストのお試しなので、もし今後本格的にスタートするとしても、内容は変わる可能性は十分あるでしょう。

■どんなテスト? CNNで放送された音声が問題文として使われる、100%リスニングのテストです。(リーディングセクションなどは有りません)

Part1からPart5に分かれていて、プレテストは35分程度の受験時間でした。

Part1は、流れた音声の中で使われたフレーズを言い換える問題。
Part2は特殊で、音声を元にディクテーション(穴埋め)をする問題。
Part3以降は流れた音声の内容を問う問題に4択で答える問題形式でした。

ディクテーションのPart2だけ、音声が2回読まれますが、その他のPartは1回のみ。
Partが進む毎に、問題の文は長くなり、1つの問題文に対する質問も増えたりします。

■音声のスピード、音質とか CNNで放送された音声そのままなので、スピードは速めです。
(TOEICよりは確実に速いです)
さらに、背景音が入って居たり、レポーターの音声はやや音質が低かったりします。
また、インタビューもありますので、ナレーターが読む問題文とは違い、あまりクリアで無い発音も聴き取れる必要があります。

今回のプレテストでは、Part5では、かなり問題文が長く感じました。
計ってないけど、2分くらい? もっとあったかも?
そのあいだず~っとしゃべり続けているのを聴いて、3問の問題に答える必要がありました。

■難易度 めっちゃ難しかったです。
僕はTOEIC905点(リスニングは最高で480点)なんですが、まったく歯が立った気がしません。(^_^;

ニュース英語なので、TOEICよりも一段階上のリスニング力が必要ですね。
テーマも、政治的なもの、自然災害、イギリスのロイヤルウェディング、アルツハイマーなど多彩で、背景知識も必要でしょう。

また、僕はTOEICでは問題文の先読みをあまりしないのですが、このテストは問題の英…

Kindle Unlimitedおすすめ:ハリウッドスターの英語 EJ編集部精選シリーズ

イメージ
英語教材の大手、アルクが出している英語学習用月刊誌English Journal。
この雑誌では、海外の有名人のインタビューが毎号収録されています。
そのバックナンバーから10本、約66分のインタビューが凝縮されたのが本書。

映画の台詞と違うので、英語の聞き取りやすさという意味では、難易度はそこそこ高いものが多いです。
ただこの辺は使う人の興味にも寄りますね。
映画が好き、その俳優が好き、という人にとっては聞き取りやすいかもしれません。

逆に、映画や俳優に興味の無い人にはなかなか難しい教材です。
そういう人は手に取らない方が良いでしょう。(笑)

教材向けにスタジオ録音されたのとは違う、会話英語らしいスピードや息継ぎ、手加減無しの語彙など、しっかり取り組めば力は相当付きますけどね。

ちなみにこのシリーズ、ハリウッドスターが3冊、英国編が1冊、ロックスターが1冊と結構な数が出ており、すべてUnlimitedに入っています。
趣味が合う方は是非利用したいですね。

Kindle Unlimitedおすすめ:BeNative! ITの英語

イメージ
Kindle Unlimitedで読める、英語学習用の本です。

スマホアプリも作っている、BeNative!から生まれた書籍、2016/12月出版です。
ビジネスパーソンのインタビューやプレゼンテーションを素材にした教材で、いわゆるスタジオ録音された教材用ダイアローグと違い、リアルな英語を聴くことが出来ます。

ニュース英語とも違い、しゃべりのプロでは有りませんので、言葉を選びながらしゃべっていたり、言いなおしがあったりというところも、こういう教材の良さですね。

まぁ、そんなわけなので、難しめではありますが、取り組む価値はあります。
型どおりの教材に飽きた方には良いスパイスになるでしょう。

これはIT編ですが、金融編もあり、そちらもUnlimitedに入っています。

Kindle Unlimitedおすすめ:English Journal 2018年4月号

Kindle Unlimitedでおすすめの、英語学習の為の本を紹介します。
おなじみ、アルクの月刊誌、English Journal。
2年ほど前のものからかな、紙版よりも1月遅れてUnlimitedに入るようになりました。

2018年4月の最新号は5月号ですが、Unlimitedでは4月号が読めるということですね。
もちろん音声はアルクのサイトからダウンロード出来ます。

ひと月遅れとはいえ、Kindle版で1200円する本誌、これを毎月読むだけでもUnlimitedの元が取れてしまうと言う素晴らしい本です。

English Journalは有名人のインタビュー、ニュース、ネイティブの会話など、教材として作られた音声では無い、生の英語が多く含まれているのが特徴です。
教材として作られた台本よりも面白く、実践的。
ただし逆に言えば難易度は高め。
一応、TeaTimeTalkというエッセーのコーナーなど、入りやすいところもありますので、全部やろうとするのではなく、レベルに応じて出来るコーナーに取り組むのが良いかと思います。

(毎月全部を完全にこなすレベルだと、TOEIC満点とかそういうくらいのレベルかと思います)

これが毎月読めることはUnlimitedに加入する大きなインセンティブですね。
オススメです。