AdSense独自

2017年4月26日

英語リスニングおすすめ動画:The California Roll Was Invented in Canada




日本人的にはネタとして有名な、異端の寿司「カリフォルニアロール」。
アメリカ人のどのくらいの方が、これが日本発祥だと本気で思っているのかは気になるところですが、実はカリフォルニア発祥でもなく、本当はカナダなんだとか。
うーん、カオス(笑)

1971年のこと、当時スシは不人気だったのですが、どうやら海苔に対する抵抗感があったようなのですよね。
欧米には海藻を食べるという発想があまりということで。

そこでTojoさんという方が考えたのが、米と海苔を逆にすること。
そうして海苔を見えなくしておいて、中にはカナダでポピュラーなキュウリ、カニ、アボカドを入れたのが始まりだそうで。

当時の寿司界からすれば相当邪道ですが、冷静に考えればアボカドってのはわさび醤油に合うし、あり得る寿司ネタかなと言う感じがします。

これが割と受け入れられて、寿司の入門編として定着したんだとか。

「今では寿司を模したお菓子や文具、USBドライブがある」ということですが、そういうの、海外でもあるんですね・・・。

英語的には短め、Tojoさんの英語は訛りがあるけど、ゆっくりなので聞き取れるかなと。
話題的にも分かりやすくおすすめです。

0 件のコメント: