The Corrs 10年ぶり(?)の新アルバム




いやー、待ったっつーの!

コアーズ(The Corrs)はアイルランド出身の兄弟バンド(3人姉妹+兄)で、ケルト的なサウンドが特徴のバンド。
音楽の分類のことはよく分からないけど、ケルトっぽいっていうか、もう、コアーズはコアーズというジャンルというか。
テイストが似てるって思ったバンドが他に無いです、少なくとも僕が聴いてる限りでは。
あったら知りたい。

1995~2006まで10年ほど活動していて、5枚のオリジナルアルバムしか出していないまったり活動でした。
それぞれの家庭を大切にしたいとかいう事情もあったみたいで。

ホント、それぞれ何回聴いたか分からないな~。
カセットテープだったら絶対切れてるレベル。

2006年に活動休止ということになったのですが、解散はしていなくて、出産とか育児とかそれぞれの都合でグループとしての活動を一時的に中止するということだったようです。

その間、長姉のシャロンと末の妹アンドレアはそれぞれソロでアルバムを出していましたが、ん~、なんかやっぱ違うんだよね。

もちろんソロの作品がコアーズと同じである必要はないし、同じであってもいけないし、コアーズとしてできあがる音楽と違うのは当然なんだけど、どうしてもコアーズを求めてしまうのでのめり込めず。

そして待つこと10年。
やっと出た新アルバムは見事に僕の聴きたかったコアーズでした。
アンドレアのボーカル、キャロラインのコーラス、シャロンのバイオリン、最高です!(ジムは?)

いったん全部聴いたところでのおすすめはEllis Island。
ゾクゾクする。
これ、夜に酒飲みながら聴きたいなぁ~。

いやー、待ってて良かった。
これって活動再開って事で良いんですよね?
ツアーもやるようです。
日本に来るなら・・・行くぞ、マジで!

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所