Zenfone 2 LaserにAndroid 6 (Marshmallow)を入れてみた。

つい昨日かな、ASUSからのアラートという感じで、アップデートの準備ができました的なメッセージが表示されまして。
要するに新しいAndroid6(通称Marshmallow)にアップデートができるよって事らしいです。

今まではiPhoneを使っていたので、Androidのメジャーバージョンアップは初めて。
いろいろiOSとは違います。

まず、Android OS自体がバージョンアップしても、メーカーが対応してくれないとインストールできないので、Googleのリリースからタイムラグがあるんですよね。
実際、このMarshmallowも去年の10月にリリースされたOSですので、10ヵ月かかってます。

iOSは純正の端末のみなので、みんなすぐに体験できますけど、Androidは行き渡るまでに時間がかかりますね。

しかもアプリの対応もまちまちで、リリース直後にはアプリが動かなくなるなどの問題もいろいろあったようです。
ま、これはiOSでもあるけどね。
アプリはアプリのベンダーが対応しないといけないので、どうしても遅れる場合があるけど、Androidは端末とOSの組み合わせが膨大で検証が地獄なので、出だしの不具合も多いようです。

なので新OSが利用できてもしばらく様子をみる率が、iOSよりも高いのではないでしょうか。

どうせ様子見するなら、端末メーカーの対応に時間がかかって強制的に待たされてもおんなじだし、10ヵ月経ってるからそろそろ大丈夫だろうという気にもなるわけで。

噂ではそろそろ次のバージョン、Android7(通称Nougat)が出るらしいタイミングですが、残念な気持ちには一切なりません。(笑)


アップデートに1GBくらいのデータのダウンロードが必要みたい。
当たり前だけどWifi環境じゃ無いとできないですね。

OSアップデート後、インストールされているアプリの検証みたいのが結構時間かかって、1時間ほどで終了したかな。
終了直後に触ってみたら、なんか動きがめちゃくちゃモッタリして、一瞬「早まった!?」と思いましたが、最初だけでした。


何が便利になったか機能的なところは良く分かんないんですが、とりあえず、

●動作が軽快になった
●ストレージの空き容量が500MBくらい増えたっぽい

というところで、やって良かったかなと。
アプリは、今のところNetflix、アバストモバイルセキュリティ、Fitbit、Yahoo!天気くらいしか触ってませんが、大きな問題は無さそう。
アバストのChrome監視の設定ができないくらいかな。

軽快に動くって事は電池の消費も減るだろうか。
まぁ、第一感としては、やってみて良かったです。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。