英語リスニングおすすめ動画:Football physics: The "impossible" free kick - Erez Garty




ありえないフリーキックといえば、ロベカルこと、ロベルト・カルロス。
元ブラジル代表のスーパースターですが、この動画でもロベルト・カルロスのフリーキックのカーブを解説しています。

ロベルト・カルロスほどじゃないにしても、サッカーのシュートやパスはカーブをかけることが多いです。
というか、まったくまっすぐというのは逆に難しいですね。

いわゆるニュートン力学で言われている通り、物体というのはなにも邪魔するものが無ければ、最初に与えられたスピードと方向で動き続けます。
ではロベカルのフリーキックがなぜあんなに曲がるかというと、理由は回転。
ボールに激しい回転がかかっているため、左右で空気抵抗の差が大きくなり、抵抗の少ない方に曲がるという理屈です。
野球の変化球なども同じ理屈。

まぁ、言うは易し行うは難し。
狙った通りにディフェンスの壁をよけてキーパーの届かないところに入れるというのは神業です。
というか、Youtubeでもロベカルのシュート映像はみられますが、そもそも35mのフリーキックで直接狙うということ自体、ちょっと距離的には普通難しい上に、ボールはいったん完全にゴールの枠から外れ、狙いすましたようにゴールに吸い込まれています。

理論では説明できても、それを体現できる選手の技術なくしては生まれないスーパープレイですね。

ちなみに、何かにぶつかったりしないように十分強く蹴れば、ブーメランのように戻ってくるかというと、答えはNoだそうです。
カーブはだんだん大きくなるため、渦巻きのような軌跡を描いて中心点に到達する、と理論的にはそういうことですが、それを実現するには、ロベルト・カルロスのフリーキックの15倍の回転を与える必要があるんだって。
無理。(笑)

英語は聞き取りやすいけど、物理の用語が出てくるところがちょっと難しいかも?
スポーツ特にサッカー好きなら楽しめるでしょう。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所