AdSense独自

2017年3月28日

英語リスニングおすすめ動画:Why do people get so anxious about math? - Orly Rubinsten




算数と聞いただけで拒否反応を示す人、いますね。
幸い僕はそこまでは酷くないですが、微分とか積分とか言う高校数学になると、出来ないという意識が先に来てしまいますね、やはり。

しかし、どうやらこれ、単なる才能の問題ということではないようです。

全く知りませんでしたが、Math Anxiety(数学恐怖症?)というものがあるようです。
しかも、恐怖症だからといって数学が出来ないわけではなく、その症状がありながらも大成した数学者もいるそうです。
どちらかというと、数学が出来ないから恐怖症になるのではなく、恐怖症だから(数学の勉強から遠ざかる故に)数学が出来ないという順番で、恐怖症をうまく克服すれば、数学は出来るようになるんだと。

数学に苦手意識を感じてしまうことで、脳の一時記憶(ワーキングメモリ)がうまく使えなくなり、数学の問題が解けないという悪循環が発生しているそうですが、例えばこんな解決法が提案されています。

1.瞑想する
2.不安を書き出す
3.運動などの気分転換をする

この数学恐怖症、子どもの頃の環境が大事みたい。
まぁ、なんでもそうなんですけど、教えてくれる人の違いってやっぱり大きいんですよね。
親とか先生の子どもへの関わり方が問われますね。(^_^;

ナレーターの方はやや平坦で早口。TED-edは字幕がきちんとしているのが救いです。

0 件のコメント: