J1クラブのホームページ力

まぁ、仕事柄ホームページの良しあしってのは常にきになってしまうものですが、当然、最近何をするんだってちゃんとしたホームページをこしらえるのが重要なわけですよね。

しかしどうも軽視されているような気がしてならない。

J1で言うとですね、身内びいきという反論を覚悟で言いますと、川崎フロンターレが一番ちゃんとしている。
というか、唯一まともと言っても過言ではないように思える。


スマホレスポンシブ対応などはしてないけど、細かいところまでデザインされていて手がかかっているし、少しずつ変更・調整をしています。
ホームページは必要な情報が出ていることが第一であるが、ちゃんとデザインが入っていたり見せ方に工夫がされているというのは、情報の発信に気を使っていることの表れです。
なので、このホームページを見ると、フロンターレを大事に発信して育てていきたいという気持ちがわかるのですね。

多くのクラブは、やや古い体裁になっていたり、レスポンシブ対応(スマホで見ると、見やすいようにレイアウトが調整される)になっているが、PC・スマホとも見栄えが中途半端だったりしています。

古いものを使い続けることを否定しませんが、日々新しいことをやっていくなかで、改善点はきっと出てきているはず。
それをしないということは、人がいないとかお金が出ないとか、要するにそこは後回しになっているということ。
ホームページに対するフロンティア精神が希薄なのかな~。


もっともこれはJ1のクラブに限ったことではなく、海外のメガクラブ、例えばマンチェスターユナイテッドやチェルシーなども割とホームページは微妙です。
個人的にはアーセナル、マンチェスターシティ、ドルトムントあたりは結構イイ感じかなと思ってます。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所