AdSense独自

2016年11月21日

J1リーグ 2016チャンピオンシップ 開幕直前!

川崎フロンターレ20周年のこの年、久々に優勝のチャンスがやってまいりました。

振り返れば、J1最終節ガンバ大阪戦、浦和レッズに勝ち点1のビハインドで迎えたこの試合に勝ち、浦和が引き分け以下なら、リーグ戦年間1位の可能性がありました。
が、しかし、前半2-0で折り返したにもかかわらずの2-3で逆転負け。
浦和が引き分けたのに年間1位に届かなかったのでした。。。

今シーズンも等々力劇場ではいろいろなドラマが繰り広げられました。
ホーム開幕節は、GKチョンソンリョンと湘南ベルマーレの選手の交錯があり、よくわからないオウンゴール判定により4-4の同点。

2ndステージ第13節横浜F・マリノス戦では後半のアディショナルタイム前までは2-0で勝っていたのに、10分間のアディショナルタイムの間に追いつかれ2-2となり、終了間際のプレイで小林が奇跡のゴールを決めての3-2の辛勝。

そしてつい最近ではJ1ではありませんが、天皇杯での浦和レッズ戦は、終始浦和が先制し川崎が追いつくという厳しい展開の中、延長120分戦って3-3の同点。
そしてPK戦。ソンリョンがキック前に飛び出してしまいやり直し+イエローカードをくらうという出だしでドキドキものだったが、終わってみればPK戦を4-1で制し、準々決勝にコマを進めました。

チャンピオンシップ初戦の相手は鹿島アントラーズ。
2ndステージは調子こそ落としましたが、前回の対戦ではなぜ勝てたか分からないほどの苦戦でした。
サポーター力もハンパないので、今回も多くのサポーターが等々力に訪れるでしょう。
フロンターレサポーターが、天皇杯浦和戦のような雰囲気を作れるかどうかもキーになりそうです。

憲剛、浦和戦出なかったけど、今回は行けるのか!? そのために休んだんだよな!?
小林と大島は無理なのか!?

鹿島相手に小林大島を欠くのは痛いが、憲剛を欠いても浦和と戦えたんだから行けるぞ!
がんばれフロンターレ。

0 件のコメント: