AdSense独自

2016年11月18日

Dreamweaverが史上最強の改悪。CC2017

AdobeのCC2017シリーズがリリースされまして、主要なアプリをインストールしてみました。
が、はっきり言って納得できないって言うか、もう金返せレベルなDreamweaver CC2017を見て正直ガッカリです。

まずこれ見て下さい。


Dreamweaver CC2017のスクリーンショットです。
ちょっとデフォルトから画面構成いじってますが、問題なのは左上あたりのグレーの長方形2つならんでるところ。

これ、検索ウインドウです。

Dreamweaverの検索ウインドウはCC2015まではフローティングにできました。
が、CC2017ではできないようです。
そして、この位置に出現します。

制作ってのは、画面サイズとの戦いでもあります。
効率の良く作業するには、インターフェースがきちんと整理されていて、広い作業エリアを確保できることが重要です。

なのになんですか、このUIは。
左上に検索置換の入力欄が有るのは良いとして、右側が壮大なデッドスペースになってます。
意味が分かりません。

今回のDreamweaverはかなり大きな改変だったようなので、コアが変わって、乗ってるUIも設計し直したんでしょう。

他にも機能的な部分でいろいろ言いたいところはあります。
もちろん良くなっているところもあります。
悪くなっているけど慣れの問題かなと言うところもあります。
不具合っぽいから改善して欲しいなと言うところもあります。

しかし、このスクリーンショットの画面は許容できないです。
「これで製品版としてGO」としてしまう発想に僕はついて行けません。
よりよい物を作ろうという気持ちがあれば、これで良しとはしないと思うんですよね。

以前からDreamweaverには、こういう例はありましたが、今回はあまりにも酷い。
そして、たった1時間しか使っていませんが、これがあるのなら、他にもいろいろイライラする地雷が仕込まれているんじゃないかと思うので、起動する気にもなれません。

とりあえず、当面CC2015を使うことにします。

0 件のコメント: