BitcasaからOneDriveへの乗り換え計画(2)

さて、OneDriveを契約しました。
いきなりですが、契約してみて分かったデメリット。

OneDrive、結局のところ、実質的にDropbox的な使い方(ローカルに同じ空き容量を用意して同期する)しかできないと言って良い。。。

ネットで検索すると、OneDriveはWebDavとかいう規格?に対応しており、専用のクライアントソフトでFTPの用につないだり、エクスプローラーで外付けHDDの用にマウントできるという情報が出てきます。
それを使えば、Bitcasaと同じように使えるかな~と思ったんですよね。
いや、まぁ実際できなくは無いんですけど。

難点は、めちゃくちゃ同期速度が遅い。

「さーて同期だ!」と思って、写真データを15GB程アップしようと思ったんですけど、データ転送速度から概算するに、どうやら70時間以上かかりそうということで断念。

この遅さは何でしょう。
なんか制限かけてるんだろうかねぇ。
同期しているローカルのフォルダに入れたファイルは割とすんなりサーバーに転送されます。

そりゃまぁ、OneDriveの公式の使い方じゃ無いんで文句は言えませんけどね。
できるのに遅いってのがなんともスッキリしません。

ということで、当面はローカルに同期するDropbox方式で使っていくことにします。
もちろん、ローカルに1TBなんて容量は確保できないんで、このままでは無駄ですね。(笑)
いずれなんとか考えましょう。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所