BitcasaからOneDriveへ乗り換え計画(1)

Bitcasa Driveの終了が突然発表されまして。
(※終了の案内などについては別記事参照)

んで、契約まだだけど、乗り換え先はもうほぼOneDriveに決めました。
理由は

1.容量と値段のバランス的に悪くない。(1TBが年間で\12,744)
2.Officeが使える
3.Skype無料通話付き
4.大手である(Bitcasaみたく怪しくない笑)

まぁ、大手だからといってダメだったらドライに手を引くのが企業ですので、すごい安心って訳じゃ無いけどね。
Bitcasaは、容量無制限廃止の時も変な対応だったし、まぁ誠実感に欠ける会社だなという印象ですね。


で、2016/5/20までにデータを移さなくちゃいけないわけで、数百GBともなるとなかなか大がかりですよ。
Bitcasaは5/20以降はデータを完全に削除すると言ってますので、万一うまくいかないことも考えると早めに移行作業は始めるべきですね。

■手順1:データの整理
Bitcasaは1TBあるのを良いことに、割と適当にデータを放り込んでた。
なので、本当に必要なバックアップと、念のため入れといたけど、実は不要なバックアップがあるのね。
何しろ今回は、大量のデータをダウンロードしてアップロードするということになるので、データの転送量は少しでも減らしたい。

実際、「とりあえずのバックアップ」を削除してみたら、Bitcasaの使用量が350GB→105GBまで減りました。
あれ? 実は200GBくらいのクラウドストレージでもいいんじゃね?というね。(笑)

でもどうせ子どもの写真とか動画とか増える一方だし、念のためバックアップの領域も確保しときたいし、やっぱ1TB欲しいかな。

ちなみに削除はWindowsにマウントされているBitcasaのドライブでもできますが、ブラウザでアクセスしてやったほうが速いような気がします。
ブラウザでの操作の場合、要らないフォルダをチェックして捨てると一度ゴミ箱に行きます。
契約終わるまでは復旧もできるので、一応これにしといた方が良いんじゃ無いかと。


■手順2:OneDriveを契約する
OneDriveを契約しないと話が進まん。
が、契約するとそこから課金スタートなので、せこいが、実際に移行を始めるときに契約することにする。


■手順3:データ移行
100GBをダウンロードして、アップロードするってのはどのくらい時間がかかるんでしょうか?
多分ダウンロードはそんなに遅くないと思うけど、普通、インターネットってのはアップロードの方が遅いのでね。
これはPCを使わない週末に仕掛けっぱなしにしとくようにしよう。
ファイルのコピーはマシンのパワーを結構食うし、回線も使うので、他に作業がない時に下方が良いよね。

ということで、必然的にOneDriveの契約も金曜日にやることに決定。



いやー、めんどくさいですわ。

でもちょっとOffice製品使えるのは楽しみだったりしてね。
OutlookとかOneNoteとか、便利なのかな~?
Evernoteで満足だけど。

せっかくだから活用法を調べてみよう。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所