MOOV NOW:Run&Walkでどのプログラムを選べばいいのか。

MOOV NOWのRun&Walkのエクササイズカテゴリにはいろいろメニューがありすぎてよく分かりません。
公式サイトに解説があったので転載してみます。
※【】内は僕の訳。ざっくりの意訳です。間違いあったらすみません。。。


Brisk Walking will challenge users with high cadence intervals. Fit for those looking to maximize their daily walks by increasing step count and calories burned.
【Brisk Walking(早歩き)は歩調を速くする(一歩の時間を短くする)エクササイズです。歩数を増やしてカロリーを燃焼しやすくすることで日々のウォーキングの効果を高めます。】


Running Efficiency A low intensity workout. Moov coaches you towards being a more efficient runner with better running form..
【Running Efficency(ランニングの効率)は強度の低いエクササイズです。MOOVのコーチングでフォームを改善し、効率的な走りを身につけます。】


Sprint Intervals will challenge users with high speed, high cadence intervals. This program is for those looking to get the most out of a quick workout when time is limited.
【Sprint Intervals(短距離インターバル)は、速いスピード・歩調のエクササイズです。このプログラムは限られた時間内での短いエクササイズで最大の効果をあげたい人向けです。】


Speed Endurance will coach you to run faurther and faster through intervals that challenge you to sustain a target pace. This program is for those looking to increase their personal running records in marathons, triathlons and other races.
【Speed Endurance(速度と持久力)はインターバル走を通じて目標ペースの維持に挑戦することで、より長い距離をより速く走れるようにトレーニングします。このプログラムはマラソン、トライアスロンなどのレースで自己ベストを更新したい人向けです。】


Open Training will give you visual feedback and occasional audio status updates on your pace and distance. After your run, you will get a Moov detailed Activity Report on your workout.
【Open Training(自由なトレーニング)は、ペースと距離についての画面表示と音声フィードバックを得られます。エクササイズ終了後はMOOVで詳細なレポートが見られます。】


Moov’s specialized programs challenge you to improve your workout by helping to correct and improve your running biomechanics, encouraging you to challenge yourself, and aiding in injury prevention caused by improper form. Moov Run & Walk programs optimize your workout through interval training. As you increase your level, intervals intensify and push you to new limits.
【MOOV独自のプログラムはランニングの生体力学を正し、改善する手助けをしたり、自分の限界に挑戦したり、フォームが間違っていることから来る怪我を防止するのを助けたりすることで、あなたの意欲をかきたてます。MOOV Run&Walkプログラムはインターバルトレーニング中にエクササイズを最適化します。レベルが上がれば強度が上がり、限界に挑戦できます。】



うーん、何となく分かったような分からないような?
個人的には、ランニング初心者には「Running Efficiency」が良さそうに思います。
ちょっとなれてきたら「Speed Endurance」ですかね。
Speed Enduranceは少しやってみましたが、エクササイズ途中でもその時のパフォーマンスによってレベルが上がり下がりするので、きつすぎて最後まで続けられない、というのはさけられると思います。

Open Trainingは一応MOOVらしく、着地の衝撃なんかを記録してくれたりはするのですが、エクササイズ中のコーチングは距離やペースだけなので、わざわざMOOVを使うなら違うのやった方が面白いかな。



--
●MOOV NOWレビューの目次はこちら
http://hcondo2000.blogspot.jp/2015/12/moov-now_2.html
●MOOV NOWのサイトはこちら(英語)
https://moov.cc/getmoov/260C22C06B

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所