スターウォーズ フォースの覚醒は、僕らが求めていたスターウォーズなのか。(ネタバレ注意)

(ネタバレ注意)

フォースの覚醒、僕的にはコレジャナイ感が漂っちゃったんですよね。
もちろん、新しい3部作の最初なので、まだ結論は出せないけど。

それにしてもなぜそうなってしまったのか、僕の求めるスターウォーズは何だったのかを考えてみた。


●スターウォーズのコアは4~6
スターウォーズの話の基本はやっぱり「新たなる希望」「帝国の逆襲」「ジェダイの帰還」の3部作なんですよね。
ルーク、ソロ、レイア、ヨーダ、オビワン、ベイダーが中心人物。
それに愛すべきドロイドと、ボバ・フェットやジャバ・ザ・ハットなど魅力的なサブキャラが居ると。
この3部作、特に「新たなる希望」は予算の問題も相当あったということで、表現しきれなかったところも多々あるとは思いますが、ここが基本になっている。


●エピソード1~3が公開されるまでの妄想
あえて妄想といってしまいますけどね。
エピソード1が公開されるまでの間、かなりいろいろなスピンオフが出ました。
正直、クオリティはピンキリで、良いモノもそんなに良くないモノもあったけど、とにかく新しいスターウォーズの物語を求める欲求にこたえてくれたのでした。

スターウォーズのタイムラインで分けるなら、前日譚、後日譚、それと4~6と同時代のサイドストーリーということになりますね。

前日譚はあまり書かれてこなかった。
エピソード4に繋がる必要があって制約があったのか、次の映画がエピソード1になることから書きづらかったのか。
同時代のものもあまりなくて、結局スピンオフというと、後日譚がメイン。

こちらはかなり展開していて、もう今更ネタバレにはならないと思うのでざっと書くと、ルークが結婚していたり、レイアとソロにも子どもが何人か居てジェダイになってたり、帝国の残党の後は別銀河からエイリアンが攻めてきたりとやりたい放題。(笑)


●僕(僕ら?)は何を求めていたのか
エピソード4~6での不満っていうのは、一言で言うと、ジェダイの戦いがみられないこと。
ルークはちゃんと修行してもらってないし、オビワンもヨーダも弱くなってるし。
なんかベイダーも強そうには見えない。
技術や予算の制約から、初期3部作ではライトセイバーの戦いの描写がいまいちなのね。

スピンオフシリーズの後日譚では強くなってジェダイマスターと呼ぶにふさわしいルークが求められただろうし、ルークが再興したジェダイオーダーも必要だった。
それこそがみたかったスターウォーズなんだ。

そこでできてきたエピソード1。
ライトセイバーの戦いは、クワイ・ガン&オビ・ワンvsダースモールだけではあるが、夢にまで見たジェダイの戦いとして満足できるだけのすばらしいクオリティだった!


●エピソード1~3
ジョージ・ルーカスがよく分かってるなぁと思うのは、エピソード1~3では強くて英雄的なジェダイがたくさん出てくる。
ライトセーバーの戦闘術も整理されて、くるくる振り回しながら戦うヨーダも圧巻。
なにしろ、エピソード2では、大量のジェダイがジオノーシスの闘技場で大乱闘するというサービスっぷりだし、エピソード3のオビ・ワンvsアナキンの死闘もフォースとライトセーバーを駆使したシリーズの集大成とも言えるできになっている。

そうそう、これがみたかったんだよ!
これを見た後だと、デススターでのオビ・ワンとベイダーの戦いのヘボさに力が抜けるけどね。


●そしてエピソード7
ディズニーに版権がうつって、従来のスピンオフシリーズはレジェンド扱い、パラレルワールドとなりました。
結構人気のあったスピンオフシリーズもあったのになんか残念。

そこまでして作ってきたフォースの覚醒ですから、期待もあったんですが、正直今のところ裏切られた感があります。

まず、はっきりしたジェダイもシスも出てこない。
カイロ・レンやそのマスターのスノークも、シスという描写はありません。
フォースはかなり強いみたいですが。
また、ルーク以外のジェダイも出てきません。
レイはライトサイドのフォースが使えるようですが、ジェダイではない。

まぁそんなんだから、華麗なライトセイバーバトルとか無いわけですよ。
もちろん、ジェダイもシスも一旦無くなった世界としてはそういう展開は有りかもしれないけど、それが面白いのかって話。

レイはともかく、フィンがまがいなりにもライトセイバーを振り回せちゃうのも違和感あるわー。


●まとめ
えー、もうただのグチでしかないんですけど、僕のみたかったエピソード7は、ルークがジェダイマスターとして君臨し、大活躍する話だったんですよ。
残念ながらフォースの覚醒では、ルークは台詞無し、ただ立ってるだけということで、ガッカリでした。
しかし、ヨーダのように寿命で死にそうな感じではない。
オビ・ワンのようにかつての弟子であるカイロ・レンにやられることはあるかもしれない。
レイが修行の結果、エピソード8では華麗なライトセイバー術を見せてくれるかもしれない。
とりあえず、次はもうちょっとワクワクする展開を希望します。

・・・ファズマはもうちょっと出番あると思っていたよ。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所