iPhone充電ケーブルもイヤフォンも。ケーブルが剥けちゃったときの補修は便利な自己癒着テープで!

iPhoneのケーブルってホント歴代弱いんですよね。
昔のDocケーブルも今のLightningケーブルも必ずどこか裂ける。。。
まぁ、ヘビーに使うものだから仕方ないかなって気もしますが。。。

で、なんかむけちゃったまま使うのも危ないような気がするし、とはいえ買うと結構高いしという悩みね。

とりあえずビニールテープ巻き付けてみたりするんだけど、ビニールテープってすぐベタベタだけ残って取れちゃったりするので、役に立たないわ汚いわ、こういう事に向いてないんですよね。

で、たまたまこんな便利のを見つけた。



チャッチャチャー♪ ブチルゴムテープ!(ドラえもん風w)

水道管とかの補修をする業者さんには昔から当たり前のテープらしいんですが。
ブチルゴムというゴムでできた、自己癒着テープというやつです。

自己癒着ってどういうことかというと、

●べたべたする粘着剤がついてない。
●他の素材とはくっつかないが、自分同士でくっつく。
●使う前にくっついちゃわないようにコーティングがされている

という。

まずべたべたしないんで、例えば壁にポスター貼るとかには使えません。
自分同士でくっつくので、巻き付ける用途のみです。

じゃあ上の写真の状態でなんでくっついちゃわないかって、うすーくコーティングがしてあって、使う前はくっつかないようになっているんですね。
使うときにこれを引っぱるんです、2倍になるくらいまで。
そうするとコーティングが裂けて中のブチルゴムが露出し、お互いに癒着すると。

この癒着ってのはかなり強固らしく、一体化すると言っても良いようなモノらしい。
水も通さないんだとか。
絶縁性もあるとのことで、電気ケーブルの補修にも向いてます。

ちょっとしたほつれなら、これを5cm~10cm切ってぶにーっと伸ばし、巻き付けるだけで補修完了。
元からゴムのカバーが掛かっていたかのようなできあがりになります。

ケーブル自体とはくっつかないので、まき付けの始まりと終わりがしっかりテープ同士くっつくようにするのがコツ。
なんならどうせむけやすいLightningなんか、はじめから補強しておけば良いかもね。

とりあえずLightningケーブルとBoseIE2をこれで補修。
まだまだ使えそうです!

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

【解決!】InDesignのエラー「ファイルが存在しないか、ファイルへのアクセス権がないか、またはファイルが別のアプリケーションで使用されている可能性があります。」

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Healbe Gobeが来た! ファースト レビュー。