Healbe GoBeを付けるのがめんどくさくなった理由。

Healbe Gobeという、活動量計があります。

活動量計というのは、万歩計の発展形みたいなもので、最近はアクティビティトラッカーとか言った方が通じるのかな。
要するに、歩数とかを数えて、どのくらいカロリーを消費しているのか(活動的か)の目安を記録してくれるもの。

Gobeはクラウドファンディングから生まれたもので、ウリは摂取カロリーを自動で記録できるところ。

自分で入力できるってのはよくあるんですよね。
何を食べたかを、アプリとかWebから入力して、トラッカーが記録した消費カロリーと比較してくれるって言う機能ね。
これはFitbitなんかにもあります。

が、Gobeは自分で記録しなくても、腕に付けているだけで、自動的にどのくらいカロリーを摂取したかを記録してくれるんだって。
どういう仕組みかはよく分かりませんけど。(笑)
一応、過去の記事の一覧張っときますので、キョウミのある方は観てください。
Healbe Gobeレビュー目次


で、まぁ面白いチャレンジだと思って出資したのですが、今は使ってません。
その理由は、電池の持ちが圧倒的に悪いこと。

精度がどうとか、でかいとかはまぁ良いんです。
が、とにかく電池が持たない。
ほぼ毎日充電しないと駄目です。

普通ならね、寝るとき充電するとか、入浴中にするとか、あんまり動いてない仕事中にするとかでいいんです。
が、Gobeはそれじゃ駄目なの。
なぜなら、食事をしてから2時間ほど、摂取カロリーを記録するから。

だいたい夕食とって入浴して寝るという生活なので、そこで充電できない。
(夕食後に時間を空けてから寝た方が良いって分かってるけど、そこは言わないで笑)
それに、できれば睡眠もトラッキングしたいし。

朝食と昼食の間もあまり時間が空かないから、あえて充電するなら夕方~夕食前だけど、なかなかバタバタしてる時間だからね。。。

しかも、GoBeは付けていないと、消費カロリーもゼロになるので。
(Fitbitは付けていなくても、基本の消費カロリーとして一定量一応記録される)

要するにこれでは、「消費・摂取のカロリーバランスを自動的に全て記録して比較する」というGobeのメリットが受けられない仕様なんですね。
なんともはや。(笑)

そんなわけで、今は使ってません。
Gobeのコンセプトのおもしろさは認めます。
せめて、スペック上ではなく実際として3日くらいはバッテリーが持って欲しい。
できれば1週間充電なしで記録してくれれば、すごく面白いデータがとれると思う。

でも無理だから。。。
多分、この冬にでもFitbitChargeHRを買うと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所