QQ English 体験2回目

QQ Englishの体験2回目。

講師は初回後にお勧めされた中から、やっとみつけた方を選択した。
(探しにくいんだよね。。。)

仕事で帰るのが遅くなってしまって、用意ができたのがレッスン開始15分前。
スカイプを立ち上げてみたら、講師の方からのリクエストがやたら早く17時ごろに来ていたのと、サポートから「教師からコールしていますが予定どうですか?」というチャットが来ていた。

ん? まだ予定の時間じゃないぞ? 間違えてるのかな?
と思って若干不安になるも、ネットサーフィンしながら待っていたら、予定時間を30秒経過したところで講師の方からコールが来て、まずは一安心。

さて、QQ Englishは初回の教材は、初回用として特別に用意されているが、2回目は希望のコースを選べる。
日常会話を希望していたので、その中の一番最初のものでやりましょうということになった。

テキストの英語レベルは全然難しいことなく、単語も文法も単純だが、それを使いこなすってのは別なんだよね。
今回の講師の方は、テンション高めでわいわいやるというより、しっかり教えるという雰囲気で、テキストに関連した質問を投げかけてきたり、例文をベースに自分のことを語らせたりと、いろいろしゃべらされた。
もちろんしゃべれるようになるためのレッスンだからそれでいいんだけど、集中力が必要で、汗かいた。(笑)
だから終わったときの気持ちを一言で言うと、楽しかったじゃなく、がんばった、になるかな。
どっちが良いかは相性によるよね。
僕はいつもこれだと疲れちゃうかな。

それと、先生の質問に答えるときに、単語ではなく文で答えるような誘導を根気よくしてくれていた。
こちらが考えている時には待ってくれるが、詰まったとき(思いつきそうも無いとき)は答えを予想して補足してくれたので、それをなぞりながらでも文を口にしていくことは良い練習になると思った。
カランメソッドは受けたことないけど、カラン的な要素も少し入っているのかもしれないな。

前置き長過ぎた。
レッスンの進行はこんな感じ。

●4つのイラストを見て英語で説明する
4つのイラストを見て、何をしているところか想像し、英語で説明する。
予習とか全然してなかったからこの時点で気づかなかったが、実はすぐ下に短い説明文例が出ている。
でもまぁ、例文みてそのまま読むだけじゃ練習として簡単すぎるから、ここは例を見ずに自分の言葉で描写していくのがいいかも。

●4つのイラストと4つの説明文例をマッチングさせる
要するに、良くテストである、この絵を説明している英文はどれですか、というやつだ。
ただ、答えるにあたっても、ただ「No.1」だけではなく、「Picture A matches sentence No.1 which is (例文)」という答え方をするように誘導された。
うん、こういうの大事。
楽して単語で答えるばかりじゃ進歩しないもんね。

●キーとなるフレーズを使って身近なことを表現する
ここに一番時間を割いたが、大変だった。
ここで脇の下に汗かいた。(笑)
テーマのフレーズは「make + 名詞」だったんだけど、「I make 〜」の文をいくつも作りなさい、というわけ。
これがね〜、make? 作る? ん〜、俺何作るっけ? みたいな。
結局、英語力じゃなくて会話力の低さがボトルネックになっちゃうんだよね。
要するに、日本語でもなかなかたくさんのバリエーション作るの難しいような課題だと英語でも難しいわな。

しかもなんとかいくつか言えたぜ、と思ったら、次は奥さんを主語にして、「She makes〜」でやるぞ、と。
えーっと、うちの妻は何を作るっけ???というね。
ちょっとmakeはやりづらかったかな。

しかし、脳みそフル回転で、勉強した感抜群だ。

●ロープレ
最後にロープレして、質問あればしてね、があってレッスン終了。


■■感想
最初に書いた通り、かなりみっちり「教える」という意識でレッスンをしてくれた。
勉強になるような気はするが気が張って疲れる。
毎回だとこちらも気合いが必要だなと思った。

また、かなりチャットを活用する講師で、特に発話に詰まっていない時でもいろいろ話している内容を文字にして送ってきてくれた。
すごい先生だ。

実はこの先生、日本語がちょっと話せるみたい。
途中「チョット、マッテクダサイ」みたいな日本語が何回か出た。
別に日本語を多用する訳じゃないしレッスンに影響しないけど、英語脳を働かせている時に急に日本語が聞こえてくるって、なんか不思議っちゃあ不思議。

さて、音質・画質ですが、やっぱり昨日のDMMより良かった。
DMMは在宅の講師が多いので音質・画質はあまり期待しない方がいいかもですけど、QQは安心感ありますね。


今回も良い先生にあたったと思うのですが、問題は、この先生も人気者すぎて、今、公開されている、将来の予定は全て予約済み。
人気の講師はなかなか開いてないですね。


--
オンラインのスカイプ英会話体験記(レビュー) 一覧はこちら
http://hcondo2000.blogspot.jp/2014/10/blog-post_10.html

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所