スカイプ英会話のQQ Englishの無料体験を受けてみた(初回)

前々から気になっていた、スカイプ英会話。
僕は別に仕事で英語を必要としている訳ではなく、個人的な趣味なんだが、趣味だけに実践の場は無く、一人で勉強していても話せるようになる気がしない。

というわけで、ものは試しにまずは無料体験からということでやってみた。
感想とかはさておき、無料体験の流れから。


■まずは会員登録→コマの予約
まず最初にサイトで会員登録をする。
名前、メールアドレス、電話番号と、スカイプのIDが必要。
なので先にスカイプの登録をすませておく必要がある。
会員登録がすんだら、あいているコマを探して予約を入れる


■受講の準備
予約がすむと、自動返信で確認メールが来た。
確認メールには初回で使うテキストのURLが載っている。
これを見ながら進むので、あらかじめ印刷するか、同時に見られる表示にしておく。
それと、僕はiPadでスカイプをしたが、iPadのマイクが向こうの人の声を拾ってしまうみたいで、イヤフォンがあればしてくださいと言われた。

■受講前のコンタクト
開始の10分前くらいに携帯に電話がきた。(会員登録で固定じゃなく携帯を指定していたので)
相手は日本人のスタッフ。
日本語でスカイプがつながるまでガイダンスしてくれる。
スカイプがつながったら電話は切って、以降の案内はスカイプで。
文字チャットの使い方など、基本的なところを確認する。
その間に、今日の講師を担当してくれる方から、コンタクトリストへの追加リクエストがきて、追加した。

■授業開始
指定の時間になったら講師の方から着信が入るので、ビデオで受信。
テキストがあるから、最初に読まされたりするのかと思いきや、自己紹介から始まっていきなり約10分のフリートーク。
英語うんぬんじゃなくとも、初対面の方と10分のフリートークってたいへんだと思っている僕ですが、さすが相手はプロ、高いテンションでグイグイしゃべらそうとしてきます。
もちろんこちらが話そうとするときちんと聞いてくれるので、初めてにしては結構話せた印象。

■テキストにそって学習開始
フリートークが終わったら想像していた感じになった。(笑)
まずはテキストを読む。
その後は文字の下についている写真もふくめて講師の方が質問をしてきて答えていくという感じ。
途中、脱線というか、あなたはどうなの?みたいな、半フリートークも繰り出される。
うん、まさにマンツーマンレッスンだね。

■そして終了
まぁ話半分だけど、「よく話せていたね〜、意見も言えてたし〜」的なことを言いつつさわやかにグッバイしていく講師。マジ、プロすごい。
その後、最初の日本人スタッフの方から再度着信。
カリキュラムとか料金とかシステム的な部分の案内を受けて、全て終了。
次の予約は時間が決まっていればその場でとってくれたみたいだけど、僕は次にいつできるか分からなかったので、いったん保留にした。
全体で50分程度かな。



さて、感想を。

●講師の質
一人受けただけでは全体は見えないが、今回の講師の方は素晴らしいと思った。
慣れたらいっぱいしゃべれそう。
英語に慣れていない人の常として、質問に対する答えが文章にならない(単語だけになってしまう)というのがあると思う。
子どもが日本語覚えるときも同じだけどね。
そういうとき、自然と文章で答えさせようとヘルプしてくれる姿勢が感じられた。
後半は自分でも、なるべく文章で答えようという気持ちで臨めた。
QQ Englishはポイント制で、消費するポイント数は講師によって異なる。
25ポイント、50ポイント、75ポイントの3ランクがあるそうだ。
今回の講師は50ポイントだったんだって。
どういう仕組みでランクが決まるのか分からないけど、中くらいということか。
この辺は技量以外にも相性もあるから、75ポイントの講師の方が良いとは一概には言えないだろうね。
しかし中くらいの講師で充分すごいと感じた。

●スカイプの音質
スカイプのせいだと思うけど、途中音が途切れることがあった。
サポート曰く、無線でつないでるとどうしてもそういうことがあるので、有線での利用をおすすめしているとのこと。
しかし、我が家にはもう有線でつなぐPCなんてありません。(苦笑)
まぁ許容範囲だね。
スカイプの音質・画質は必ずしもよくないけど、必要十分かな。

●テキスト
テキストは平易な単語・文章で構成されている
授業の内容はかなり自由に設定できるようなのだが、基本的には新しい難しい単語を覚えるとか、そういうのには向いてないと思う。
簡単な単語、基本的な文法を使いこなす練習なんだなと。
日本語でもそういうもんだよね。
英語学習者の英語力は子どもの日本語力みたいなもんだから、知ってる単語を駆使して物事を説明するってのがまずは大事なんだよな。

逆に言うと、語彙を増やすのは自分の努力で(別で)やっていかなくちゃ、やっぱりだめだよね。



端的にまとめると、かなり楽しめたし、気に入った。
4000円で今回の50ポイントの先生の授業(25分)が月8回受けられると考えるとかなりお得な感じ。
スカイプ英会話業界は今もう価格競争で、時間あたりの単価で言えば毎日話せるコースのが安いんだが、どうせ毎日やらないし、フリートーク中心でだらだらやるより、テキストである程度の指針を持ってやる方が初心者には良さそうだ。

次は実際のレッスンと同様のテキストを使って受講できるということなので、もう一度やってみて結論を出したい。

--
オンラインのスカイプ英会話体験記(レビュー) 一覧はこちら
http://hcondo2000.blogspot.jp/2014/10/blog-post_10.html

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

【解決!】InDesignのエラー「ファイルが存在しないか、ファイルへのアクセス権がないか、またはファイルが別のアプリケーションで使用されている可能性があります。」

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所

Healbe Gobeが来た! ファースト レビュー。