講師の選び方@DMM英会話

検索ツールの使い方とかいう事ではなく、選ぶ時の基準の話。

とにかく数が多いDMMの先生方。
いや、きっとみんないい先生なんだと思うんですよ。
でもというか、だからこそ、選択肢がありすぎて選べないという。。。

理想を言えば、

●スキルが高い
●連続して取りやすい(時間帯・埋まり具合など)

という点がポイントになると思う。


■■スキルについて
一応DMMのうたい文句としては、講師の採用率は5%の狭き門で有り全員スキルが高い、と言っている。
これについては否定派もいらっしゃるとは思うが、僕としては基本的に信じる方向で。
どんなことでもそうですが、「こいつ適当にやってそうだな~」という印象で最初から入ってしまうと、そう見えてしまうものです。
仕事なんだから、みんなそれなりに一生懸命やっているんだという前提でみていきたい。

それでも能力の差はあるだろうし、相性もある。

あくまで僕の例で言えば、経験を重視したい。
検索の絞り込みで「講師経験3年以上」の絞り込みが利用できるので、参考になる。
また、講師経験が短くても、少し高めの年齢(20代後半以降くらい)で社会経験がある方が、安定しているように思えて好みだ。


■■連続して取れるかどうか
いろいろな先生に教われるのがDMMのメリットの1つだけど、数人に絞った方が継続的なスキルアップを見てもらえそうだし、いちいち新しい先生を探して自己紹介から始めるのもめんどくさいというのが僕の考え方。

新しい先生との出会いも必要なので、定期的に取れる先生を2~3人決めつつ、取れなかった時などに新しい先生を探したい。

気に入った先生がこの先も定期的に受講できそうかどうかは、先の予定表をみると想像ができる。
人によるが、だいたい2~3日先まで予定を入れてくれている先生が多くて、

●時間が合うか
●予約が詰まっていないか

をチェックする。
僕は毎日夜中しか受けられないのだけど、先生によっては時間が不定期で、昼やる日と夜やる日など日によって開講時間が変わる方も居る。
僕の都合ではこういう先生は取りにくい。
また普段夕方中心の先生が、たまたま夜やってる日に取ってしまった場合、その先生は今後は受けづらいだろうな、ということになる。(あらかじめ見とけよって話ですが)

そして大事なのは、先の予定の埋まり具合ですね。
良い先生は人気なので、枠がすぐ埋まってしまうんですよね。
DMMの仕組みは、一度に予約できるコマが1つとなっていて(1日25分コースの場合)、ひとつのレッスンが終わったら次が予約できる。
その時点で、お気に入りの先生の翌日の予定が埋まってしまっていると、あきらめて他の先生にするか、1日飛ばすかになってしまうのよね。
1日飛ばすと、飛ばした日は予約ができないので、レッスン自体休みになってしまう。
ただ、あきらめて他の先生にした場合、その次にまたお気に入りの先生が取れるという保証もない。

ここは大きなジレンマですね。
良い先生ほど取りにくいのは仕方のないところですけど。

どうしても取りたい先生がいるなら、レッスンサイクルを1日おきと割り切ってしまうのも手かも。
料金的には損している気になってしまうけど、納得いく授業を受けた方が満足感ありますからね。



■■こんな基準で先生を選んでます
経験豊富そうで継続して受講できそうな先生を選びたい、と、まとめるとそういうこと。
でも、それでも絞りきれないよね~。
で、最終的には、

・国籍:
 フィリピンの方も良いけどいろんな国の方にならってみたいからあえてフィリピンの方を避けてみたり。
・性別:
 正直、やっぱり女性の方が話しやすい。(笑)
・顔:
 結局そこか、と。(爆)
 ん~、まぁでも判断基準があんまりないから。
 美人を選んでるわけじゃなく、先生としてちゃんとしてそうな人相を選んでるんですからねッ!
 …力を込めるほど嘘くさい。


結局は出会いは運。
たまに講師一覧を眺めて気になった先生はとりあえずお気に入りに入れておいて、合う日があれば受講してみる。
一回でも話してみないと、また受けたい先生かどうかは分からないよね。

ただ、繰り返し強調したいのは、まずは「この先生は一生懸命教えてくれようとしているんだ」という姿勢で、こちらも一生懸命レッスンを受けること。
真摯さって伝染しますよ。
他の受講者のレビューはマイナスのことが書いてあってもあまり参考にしません。

とにかく、受講者側としても一生懸命勉強したいから、先生お願いします!という素直な気持ちが大事かなと。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所