MovesとFitbit one比べ!

無料アプリのMovesの実力がいかなるものか、Fitbitと比べてみることにしました。

■■=====(2013.03.05 何日か使い続けて、それぞれの癖が分かってきましたので大幅改稿)


【とある休日1】
(主な活動)
近所へのちょっとした外出と買い物、それと家の前の袋小路で6歳の息子と軽くサッカー

fitbit one Moves
歩数 10127 6544
ランニング - 755 (8分)
サイクリング - 6分
カロリー 2254 -


【とある休日2】
(主な活動)
息子の保育園の友達(とパパママ)とお出かけ。広い公園でめいいっぱい遊ぶ。この日は相当歩いたり走ったりしました。また、園内で100m程度の移動ちょこちょこあり。
往復2時間ほどの電車移動あり。

fitbit one Moves
歩数 20058 14779
ランニング - 0(0分)
サイクリング - 12分
カロリー 2711 -


【平日】
ごく普通に出勤。乗り換え含めて100分ほどの電車移動。
仕事時間はデスクワークに付き、ほぼ外出は無し。
だいたい毎日同じ行動パターンなので、この数字から大きくずれる日は普通無い。

fitbit one Moves
歩数 10209 6709
ランニング - 0分
サイクリング - 23分
カロリー 2062 -




さて、こうやって比べてみると、fitbit oneにくらべてMovesは6~7割程度の歩数になっていることが分かります。
想像も含みますが、要因としては以下のようなところでしょう。

(1)Movesは、サイクリング、車・電車の移動中の振動を歩数としてカウントしない。
(2)Movesは電池寿命を延ばすため、30秒以内のウォーキングをカウントしない事がある。
(3)iPhoneは肌身離さず持ち歩くわけではないので、カウントしていない時がある
(4)iPhoneがロック状態の時のカウントが少ないような気がする


(1)についてはむしろストイックで正しいとも言えますね。
自転車は結構振動があるので、それをカウントしないのは全体の数にかなり影響していると思います。
電車はそんなに影響でるほど揺れないと思う。

(2)は致し方ないのですが、ちりも積もればということですね。割と細かい移動って集めるとかなりあると思うんだな。

(3)はまぁ、常に持ち歩くようにすりゃいいんですけど、ちょっとテーブルに置きっ放しにするとか。
これも貯まるとそれなりの歩数になるような気がします。

(4)は完全に想像。
歩いている時にMovesを起動して画面を見ていると、リアルタイムで歩数をカウントしている様子が分かるんだけど、ロック状態の時はなんかカウントの仕方が違うような印象がある。
GPSのデータ主体で移動距離から歩数を概算しているような???
そうすると、斜め移動と認識された部分などでちょっと減っちゃうのではないかと。
想像ですよ、想像。


つまるところまとめると、Movesはあくまで万歩計ではなく移動ログアプリなのだということが分かる結果となりました。

fitbit one → とにかく振動を歩数としてカウントな正直者。
Moves → 振動の種類によって歩数と認められない物は別扱いにするスマートなやつ。ある意味頑固。


この際、正確なことに意味は無いのです。
ぶっちゃけどちらも不正確なので。
fitbit oneは自転車でも歩数をカウントしてしまう訳だし、Movesは移動種別を間違うことがあったり、GPSの通じない地下通路での電車乗り換えなど判別できません。

だからまぁ、それぞれどちらを使うかを決めて、日々のログを見ながら目標値を決めれば良いということですよね。
平均点が分かっていれば、良い点・悪い点が分かるということです。


僕に言わせれば、「選ぶの面倒だしおもしろいから、両方使っちゃえば良いじゃない!?」と言うことになりますが。(笑)

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所