text-indent:-9999pxはスパムなのか。

昔から有る手法ですが、テキストの画像置換というものがあります。
見た目をきれいにするために画像を使いたい、だけど、検索エンジン対策を考えるとテキストの量も確保したい、そういうときに使うテクニックですね。

文字が入っているボックスにCSSでtext-indent:-9999pxを指定すると、文字が左側に大きく飛んで消え、画面に表示されません。
同時にボックスの背景に画像を指定すれば、文字なしで画像だけが表示される仕組みです。

※最近ではtext-indent:100%なんかを使う手法も有りますが、結局は同じ事。
 その他にも文字をdisplay:noneするとか、画像を上にかぶせちゃうとかありますが、まぁ、これらも同じでしょう。


これらは言ってみれば重要なテキストを隠しているということです。
検索エンジンのボットにだけ見えて、人間に見えないテキストを入れているということは、 極端な話スパムと言われても反論しづらい。
遙か昔にあった、背景と同じ色にした文字を大量に入れ込むことで検索上位を狙うとかそういうのと同じと取られる可能性もあります。

が、違う点は、(多くの場合)スパムとしてやっているわけではない、ということ。
つまり、画像に含まれている文字だけを入れているのであって、不正にキーワードを水増ししているわけではない場合がほとんどでしょうし(そうでないならスパムですけど)、画像を使って見た目をととのえるというのはユーザビリティの向上にもつながります。

不正にキーワードを埋め込むスパムとは発想が違う点もあるので難しいところ。

先に結論を言いますと、この問題、白黒つけがたいです。
私個人の意見としては、現状使っても問題ないと思われるが、使わずにすむなら今後は避けていきたい、というところです。


さて、まず、文字を画像に置換するメリットをもう一度整理。

●メリット
1.見栄え良くできる
2.検索エンジン用にテキスト(キーワード)の量を増やせる
3.ソースの見栄えが良い

1は大事なことです。
最近海外のサイトではWebフォントの使用も増えてきたし、そもそも元々アルファベットは画像化しなくても見栄えよくしやすいと思うのですが、日本語はなかなかそうもいきません。
文字数が多いので昔から書体は高い。Webフォントも出てきてますが、高いです。
しかしそれが使えないとなるとMS Pゴシックとか、せいぜいメイリオを使う程度。選択肢が狭すぎます。

2は、タイトル関係など、キーワードが多く含まれる箇所こそ画像を使いたいので、画像置換を使ってテキストを入れ込めるのは魅力です。

3はどっちでも良いのかもしれませんけど、画像を使ってaltばかりになるよりは、ソースの見栄えが良い。
HTMLのソースだけを見た場合、altを使いすぎるより圧倒的にきれいです。
これはHTML的により好ましい事だと思います。


●デメリット
1.もしかしてスパム認定される?
2.画像を背景指定していると印刷で出ないことがある

1は、Googleの見解では推奨しないがスパムとしては扱っていないように思います。
これは例えばaltを使う場合と比較して、スコア的に不利があるかどうかを明確に計れないため、なんともいえないところではあります。
ひとつ参考になる情報としては、画像置換をしているサイトに対してSEOの業者からその点を修正するよう指摘されたことはありません。
SEO施策のレベルにもよるのかもしれませんが、少なくとも後回しになるようなものだと思われます。

2はね、ブラウザのデフォルト設定で背景は印刷しないようになっていたりするので。
クライアントの場合は説明して直してもらえば良いけれど、一般ユーザーにそこまで期待できないですよね。
Webを印刷する人がどのくらいいるかは分かりませんけど、簡単に印刷できた方が良いには決まってます。そこはデメリット。



結局のところ、対検索エンジンとして考えることになるのですが、

A.「alt」と比べて「text-indent:-9999px」は有利なのか、不利なのか
B.スパム扱いされることがあるのか

の2点につきます。
が、正直どちらも分からないのです。

画像置換がでてきた由来の1つとして私が認識しているのは、

画像に「alt」をつけるよりは普通のテキストの方がスコアが高い→なら、text-indentで飛ばす方が良いのでは?

という発想があります。(多分)
ところが検索エンジンのランクシステムは昔よりも遙かに複雑になって、どちらの方が具体的にどのくらい有利かなどということは少なくとも普通の人には分からなくなってしまった。

スパム扱いについては聞いたことがない。
ただし、今までなくても明日からされる可能性は否定できない。
一度スパム認定されると汚名返上は大変だから、危うきには近寄らないでおこうという考え方もありますね。


これは本当に難しいところ。

これを踏まえて途中で述べた私の結論に補足すると、

●今のところこれだけ広く使われているテクニックがすぐにスパム扱いされる可能性は低いと思う。
●画像置換とaltのスコアに表れる差は分からない。昔ほどaltがスコア低下に影響しているようには思えない。(実際かなり大手のサイトでテキスト置換を使わず、普通に画像でaltを使っている)

以上の点から、

●既存のサイトで行っている画像置換をすぐに直す必要はなさそう。
●今後制作するサイトについては、使わないという選択肢を考えたい。

というように考えております。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所