英語リスニングおすすめ動画:Why Is the ‘Mona Lisa’ So Famous?



モナリザがなぜこんなに有名か、というお話。

モナリザといえば、ダヴィンチの有名な絵画ですね。
誰でも知っていますけれども、何となく地味なんです。
モデルも誰だかよくわかっていないし、宗教画でもないし。
絵画の技術のことはよく分かりませんが、美術の教科書とかで、技術的にここがすごい、みたいな説明は観たことがないような気がします。
そもそも、この絵、未完成らしいですし。

もともとこの絵は、ダヴィンチが1503年ごろから晩年まで断続的に描き続けた絵だそうです。
ダヴィンチの死後、300年ほどの間はフランスの宮殿に飾られていましたが、ナポレオン1世が寝室に飾ったことで人の注目を集め始めました。
ナポレオンの失脚とともにルーブルに移されますが、その時はまだ、たくさんあるルネサンス期の肖像画の1つというレベルにすぎませんでした。

しかし、1911年に大事件が起こります。
モナリザが盗まれたのですね。

パリじゅうが大騒ぎ。
仕舞にはピカソが犯人じゃないかと疑われたりする始末。
もちろん犯人はピカソではなく、イタリアの大工でした。
無事逮捕され、モナリザはルーブルへ。

それで有名になったのですね。
「盗まれてピカソが犯人に疑われまでした、ナポレオン所有の絵画」として。
みんな、絵そのものというより、そのエピソードに惹かれて見に来たのが人気の始まりだったのですね。

今ではそんなことはみんな忘れましたが、一度人気になったモナリザは、今でも人気です。(笑)
もちろん、素晴らしい絵であることは間違いないですけどね。

英語的には発音は聞き取りやすいものの、テンポよく、ジョークも交えながらでややレベルは高めかも。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所