英語リスニングおすすめ動画:This Data Center Looks Like a Villain's Lair Out of James Bond



スウェーデン最大のデータセンター、Pionen Data Center。
なんとここ、かつての核貯蔵に使われていた場所に作られているそうで、厚さ100フィート(約30メートル)の岩盤の下にあります。
とりあえずそれだけでも相当セキュアな感じがします。
ウィキリークのデータもここにあるそうで、データはスウェーデンの表現の自由を保障する法律に基づき保護されています。
さらに、バックアップの電源にはドイツの潜水艦用のエンジンが備え付けられているという徹底ぶり。

しかも燃えるのが、ただ実用的にすごいだけではなく、あたかも映画のセットのようなデザイン。
ガラス張りのミーティングスペース(?)のような椅子がある部屋の下にサーバーがならんでおり、植物が配され、ライトで照らされているうえ、遊び心として(笑)滝もあるという、もう、なんだかわけが分かりません。

こういうところで働くっていうのはどういう気分なんでしょうねぇ。
もちろん携帯電話の電波なんて届きませんよね、絶対。
植物の世話は誰がするんだろうか。
すごいんだかすごくないんだかわからなくなってきますね。

英語的には聞き取りやすいのではないかと。
時間も1分ちょっとと繰り返し聞きやすいです。
BGMもかっこよくてナイスです。


コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所