英語リスニングおすすめ動画:Wheelz in the Air: Hitting the Skatepark on a Wheelchair



WCMX(wheelchair motocross:車いすモトクロス)をやっているAaronさん。
いや、もう、静止画を見るだけでも怖いんですけど。

Aaronさんは生まれつきの病気だそうで、今までに21回も手術しているのだとか。
8歳から車いすに乗り続けて、16年になるそうです。

しかし、話を聞いていて目頭が熱くなるのは、とてもポジティブだと言うこと。
ずっと車いすに乗り続けなくてはいけない、というのではなく、いつでも車いすに乗っていられる!と語ります。

車いすでこんなわざが出来るわけ無いと思っちゃいますが、そういうことができることに喜びを感じ、車いすに乗っていることを誇らしげにかたるAaronさんはすばらしい人生を生きていらっしゃると思います。
話を聞くだけでエネルギーをもらえます。

車いすでバックスピンを初めて成功させてギネスに載ってるんだって。
本当にスゴイ方です。

でもやっぱり見てると怖くなってしまう。(^_^;
どうぞ、事故無きよう・・・。

英語は全般的には早口めに感じますが、リズムが一定で早口になりすぎていないのは聞き取りやすい。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

【解決!】InDesignのエラー「ファイルが存在しないか、ファイルへのアクセス権がないか、またはファイルが別のアプリケーションで使用されている可能性があります。」

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Healbe Gobeが来た! ファースト レビュー。