Netflixがダウンロードでのオフライン再生に対応!

Netflixがコンテンツダウンロードでのオフライン再生に対応しました!
待ってたよ、信じてたよ、Netflix!



↑ストーリーリストの一覧で、再生ボタンの横に下向き矢印のダウンロードボタンが付いています。
ちなみに、スタートレック1話50分のものをダウンロードして見たところ、230MBと表示されました。
これはモバイルデータ使用量設定(Wifi無しの時のダウンロード画質設定)の、「低画質(1GBアタリの視聴時間約4時間)とほぼ一致するため、ダウンロードする場合の画質は低画質になっていると思われます。(※1)

Amazonプライムビデオはダウンロードの場合の画質が選択可能で、高画質だと1.5倍くらいの容量になります。
Amazonプライムビデオの場合は、Kindle FireがWifiしか対応していないのでダウンロード再生がかなり主要な機能ですが、Netflixの場合はあくまでWifiでの視聴をメインの利用シーンとイメージしていて、ダウンロード再生は出先でとりあえず、という時用の機能なのでしょう。

ダウンロードすると、「マイダウンロード」の一覧に入り、そこからも再生可能。




↑新たに追加された「ダウンロード可能な作品」の目次。
一応、ダウンロードNGの作品もあるような説明ですが、この画面だけでも分かるとおり、主要な作品はほぼ大丈夫そう。
というか、ダウンロードできない作品をぱっとみて、見つけられませんでした。(※2)


一時、オフライン再生機能はネット環境があまり整備されてない発展途上国用みたいな憶測があって心配していたのですが、日本でもリリースされて良かった!
僕は格安SIMにして、毎月3GBの容量制限と戦っているので(笑)、Netflix観るときだけ高速通信をオンにしたり、使い切らないようにうまくAmazonプライムビデオと併用したりしていましたが、これからは基本Netflixで行きます!


こうなるとやはり出遅れるhulu。
それと、今まで、ダウンロードできるからAmazonって思ってた人もNetflixが選択肢に入ってくるかもしれず、コンテンツの戦いになってくるかもしれませんね。

いやー、とにかく嬉しい!


--追記
※1
ちなみにダウンロード時の画質については、iOSのアプリでは設定があるようです。
Android用のアプリでは、僕の手元で確認する限りでは、ダウンロード保存時の画質設定項目はありません。

とはいえ、普段からストリーミングの低で充分満足してるので問題無いです。
所詮スマホですからね~。
テレビで観るときにFullHDで観られればそれでいいかな。

※2
いろいろ観てたら、映画ではそこそこダウンロード不可のものがあるようです。
とはいえ、パケ代という面で考えれば、私の場合、月の視聴時間の半分程度がダウンロード可能なものであれば充分です。
フライト中などオフライン必須の環境ではちょっと我慢が必要な場合もあるかもしれませんね。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所