レビュー:発音フレーズ大特訓

英語参考書レビューです。
とりあえず一通り終えた「発音フレーズ大特訓―カンタン英語で話しまくれ!キレイに話せる」。


結論から言うとおすすめなんですけど、おすすめのポイントはこんな所。

●日本人に発音しやすい音から順番に練習する構成
●1つの音に対し、単語の例が5個、さらにそれぞれに例文が付いている
●メイン部分が全7課で1週間でだいたい一通りできる

日本語と類似している音から始まる構成は取っつきやすくて良いですね。
いきなり難しい発音を練習すると、テーマの文字の周りの音が気になってしまうので、まずは堀を埋めてから本丸を攻める、みたいな感じで。

これは推測なのですが、発音の例として選ばれている英単語・英文もかなり工夫されているようで、それとなく学習済みの発音の復習になるように構成されているようです。
なので新しい章に進んだ時に、前の章の復習をしながら新しい章の学習ができるという、一石二鳥な感じになっています。

1つの音に対して複数の例が付いているのは、発音の本としてはまぁ、スタンダードかもしれませんけど、今までバラバラに認識していた音が実は同じ発音記号だとわかるのは正しい発音の習得に役立ちます。
結構、同じ発音記号でもバラバラに習得していたため、違う音で発音していたことに気づきました。

また、章立てになっていて、1日1章なら7日で終わります。
学習しやすい量が適度にまとまっていてペースがつかみやすいですね。


僕は発音はネイティブにせまろうとは思っていない方です。
そこまできれいでなくても通じれば十分だし、そこに時間をかけるよりは語彙や文法を習得した方が英語力全体にプラスです。
ただ通じないレベルじゃ困るし、発音しにくい音ってあるんですよね、やっぱり。
完璧ではないまでも発音の仕方を知識としては知っていて、どの音もだいたいOKという程度までは練習しておく必要があるでしょうし、発音が良いと自信につながるというのもあります。

服なんて暖かければ別に何でも良いけど、たまにはカッコイイ服が着たいみたいな感じ?(違うか)

そんなわけで、取っつきやすいし構成も良い本書はおすすめです。
例文も自然で質が高いように感じますので、これを単語カードに登録して瞬間英作文風に利用するとさらに有益かと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所