fitbit oneレビュー1:fitbit oneを買った!

先日、今年は腕に付けるスマートデバイスが熱いと思う。という記事を書いた。
で、見てたらいろいろ新製品が出る前に欲しくなってしまって、ついついこちらをポチってしまった。↓


fitbitのoneという商品。

簡単に言えば活動量計。
高機能版万歩計というようなもので、単純な歩数だけでは無く、カロリー計算なんかもしてくれる。
これは先日書いたような腕に付けるタイプでは無くて、従来同様、ベルトにくっつけて使います。
その辺、未来感ないのですが、今手に入る活動量計としては、結構すごい。

fitbit oneのすごいところ1。
Bluetoothでスマホに自動的に同期する。

最初にちょっと設定をしますが、あとは充電して付けて歩くだけ。
昼休みにスマホ(iPhone)をみたら、自動的に歩数が記録されてます。
このデータはfitbitのサーバーにも自動で登録され、パソコンではもっと詳しいデータを見ることが出来ます。
今まで使っていたオムロンの活動量計は、PCに同期するのに専用の台座に乗せるというめんどくささ。(人間便利になれると、ちょっとのことでもダメなんだよね)
fitbit oneは全自動ですから、記録が苦にならない。
これは続けるには大きいですね。
サイトの登録も無料です。オムロンみたいに6ヶ月でデータが消えるとかもないっぽい。


fitbit oneのすごいところ2
階段の上りが計測できる!

fitbit flexとかup by jawboneを待たなかった理由がこれ。
fitbit oneには高度計?というものが付いているらしく、階段の上りを計測できます。
今までは階段上っても普通に歩いても、一歩は一歩だった。でも、消費カロリー的には違うはず。
せっかく計測してて、負荷の高い活動をしてるのに、低めに出ちゃうとがっかりするんだよね。
ところが、fitbit oneは違いまっせ。
上った階段をフロア単位で表示してくれます。「今日はビッグベンと同じくらいの階数上ったよ」とか表示されるのは結構モチベーション上がる。
厳密に比べてませんが、オムロンの活動量計より消費カロリーも高めに出ます。

この機能、ブレスレットタイプのflexには付かないようなので、それならこっちが良いなと。


サイトやアプリの画面もおしゃれで、無駄に何度もチェックしちゃってます。
何度も見て運動量を思い知ってやる気を出す、これって重要なことですので、まんまとはまってるわけですが、このデバイスおすすめです。

アプリやPCの画面についても今度紹介してみようと思いますが、まずはここまで。


--(2013.03.13追記)
ついに日本でも正規代理店による販売が始まるようです。
↓これかな?



サポートとかを考えると正規代理店が便利かもですね。
いずれにしても、これでまたユーザーが増えて盛り上がってくれると楽しいです。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所