Adwordsの画像バナーサイズの優先度

Google Adwordsのディスプレイネットワーク広告では、文字だけでは無く、画像やFlashの広告が掲載できます。
文字と違って、画像ならではの訴求力もありますので、うまく活用したいところなのですが、大変なのはいろいろな大きさのバナーを用意すること。

ウィザード形式でバナーを作れるツールが用意されていて、それを使うのも1つの手。
だけど、どうせやるならちゃんと用意したい。でも全部用意するのはイヤだーという場合のために、優先度を考えてみた。

あくまで私が実施したキャンペーンでの経験によるものですが、表示数は下記の順番でした。

(1)300×250 掲載率:約35%
(2)テキスト広告 掲載率:約15%
(3)336×280 掲載率:約12%
(4)160×600 掲載率:約7%
(5)320×50 掲載率:約7%

どうやら圧倒的に300×250を掲載しているサイトが多いようです。
たしかに縦長・横長よりも表示エリアを確保してもらいやすい気がします。
テキスト広告と併せて上位3パターンで60%以上をカバーできるうえ、1位と3位はほぼ同じなので準備しやすい。
そう考えるとディスプレイネットワークではまずこの3つを用意するのが効率が良いかもしれません。
(あくまで一例です。劇的に変化する場合もありますのであしからず)

まぁ、私はどうせやるなら全パターン用意しますけど。
サイズのパターンを作る労力をカットして、バナーの中身のバリエーションでコンバージョン率向上を図るというのも手でしょうね。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

【解決!】InDesignのエラー「ファイルが存在しないか、ファイルへのアクセス権がないか、またはファイルが別のアプリケーションで使用されている可能性があります。」

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Healbe Gobeが来た! ファースト レビュー。