英語リスニングおすすめ動画:How This Women’s Biker Club is Helping Babies in Need



母乳を赤ちゃんのもとに届ける、女性バイクライダーたちのチームのお話。

彼女たちは、早産であったりNICU(新生児特定集中治療室)からのリクエストだったり、実の母親が母乳を与えられない場合に、ドナーから提供された母乳をバイクで配達しています。

この「Milk Bank」をスタートしたとき、創設者の女性は車で渋滞にはまっているときに、スイスイと抜けていくバイクを見て、「これを配達に使えないか」と考えたそうです。
(ただし、その時のバイクは違法な運転をしていたようなので、平たく言えば暴走族ですけどw)

母乳は、余分な母乳が出るドナーの女性から預かり、検査し低温殺菌した後、冷凍されます。
配達の必要があるときにはバイクチームが配達する仕組み。

動画の後半では、月一回の配達を受けている女性が登場します。
彼女の赤ちゃんは早産で、長期間の入院が必要でした。
無事退院したものの、入院期間中に女性の母乳は止まってしまいました。
合成ミルクでは赤ちゃんが危険で母乳をあたえる必要があり、Milk Bankの支援を受けています。

彼女の言葉は非常に印象的です。
「このバイクの音は命を運ぶ音です。
このサービスは一人の女性によるものではなく、たくさんの方に支えられています。
だからいただいた母乳は少しも無駄にはしません」

配達する女性ライダーたちはみなガッチリ大柄ですが、赤ちゃんを守るとてもやさしい女性たち。
この活動が長くうまく続くことを願っています。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所