Androidスマホ用のサイトでは明朝系の日本語フォントが使えない。

まぁ、使えないってのは語弊がありますか。
Webフォントなんかを使えばいいんでしょうけど、通信料も考えるとあまり日本語のWebフォントは使いたくない気がします。

PCとiPhoneでは明朝系のフォントが表示できますが、Androidではゴシックになってしまうので、英語をセリフ系の書体で指定してしまうと、フォントの混在が気持ち悪いことに。

まぁ、PCとiPhoneでも、游明朝を使っていいのか、とかメンドクサイ問題もありますが、ホームページってのはある程度妥協が必要なものですし、まぁ、広い意味で明朝が使えるんですけどね。
Androidでゴシックになってしまうことに妥協できるかどうか、というところですね。。。

日本語は文字数が多いので、フォントは高いし容量も多いし、文字に関してはなかなか苦労が絶えない。
小学校で英語を教えて話せるようになるとは思えないので子どもに英語教育を強制することに興味はないが、純粋にデザイン的な自由度を考えると、ちょっと英語オンリーのサイトがうらやましいと思えるのでした。(笑)
たまに英語版サイトというのも仕事でやりますけど、Googleフォントも結構気軽に使えるし、楽しいんですよね~。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所