英語リスニングおすすめ動画:Meet the King of Fake Cash




Fake Cashということで、なんだか偽札造りのダークな話かと思いきや、偽札であることは変わりないのですが、テレビや映画撮影用の小道具としての偽札造りの話でした。
もちろん、合法的なものです。

言われてみればたしかに、映像作品でお金が出てくるシーンは結構ありますし、最近ではテレビの解像度も高くなっていますから、あまり適当なものだとリアリティがないですよね。

Rappaportさんがつくるフェイクキャッシュは大きく2種類有って、銀行強盗のシーンなどに使われる両面印刷のものと、アップで使うための片面印刷のもの。
アップ用のものはより精巧なのでしょう、これを両面印刷すると違法な偽札になってしまうってことなんでしょうね。

いやぁ、なんというか、すごいけど、ちょっと怖い世界なような気もします。
だって、本物と区別が付かないから片面印刷ってことは、作ろうと思えば偽札を作る技術があるわけですよ。
余計なお世話ですが、なにか事件に巻き込まれないかちょっと心配になってしまいます。(笑)

英語的にはナレーターの女性とRappaportさんが交互にしゃべるのでちょっと難易度が高いかな。
単語的にはあまり難しい語は出てきません。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。