AdWordsでの、年齢層によるコンバージョンの傾向

もちろん広告の性格によりますよ、と前置きしておきます。

その上で、私が運営している広告を見る限り、概ね若いユーザーほど、AdWordsでのコンバージョン率が高いと言えそうです。
コンバージョン率が高いということは、(クリック単価にも依存しますが基本的には)コンバージョン単価が低いということです。
効率が良く、狙い目であると言うことですね。

年配の方ほど、クリックはする物のコンバージョンに至らない可能性が高いようです。
ネットでの購入に慎重であると言うことでしょうか。

AdWordsでは年齢層別に入札単価を調整することができますので、効果の高い年齢層に重点的に予算が回るようにすることで、全体のパフォーマンスを上げることができるかもしれません。

設定方法は

1.設定したいキャンペーンを選ぶ
2.「ユーザーリスト」のタブを選ぶ
3.「ユーザー属性」のボタンを押す
4.「年齢」のタブを選ぶ
5.「入札単価調整比」の項目で、+10%、-10%など、パーセントで指定する

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。