AdSense独自

2016年10月24日

ルーク・ケイジ Netflixオリジナルドラマ

そもそもNetflixにはまった最初のきっかけはデアデビル。
新しいAppleTVに、当初huluが対応していなかったので、Netflixの1か月体験に申し込んで、軽い気持ちでデアデビルを見てみたら、度肝を抜かれちゃったのよね。

とにかくひとつには長尺の格闘シーンが圧巻だった。
これでもうNetflixから離れられなくなって、ルーク・ケイジは一応デアデビルと同じ世界観ってことで外せないわけです。
なにしろ、このあとデアデビル、ジェシカ・ジョーンズらと共演するディフェンダーズが控えているので。

以下、軽くネタバレ含みます。



さて、ルーク・ケイジ。
作品はどうやら公開順が時系列順になっているようで、ジェシカ・ジョーンズのちょっと後の話になります。
話の端々にもデアデビルとジェシカ・ジョーンズの出来事が前提になっているネタが入っていますので、がっつり観たい人は、デアデビル→ジェシカ・ジョーンズ→デアデビルシーズン2を観てからの方がより楽しめるかもしれません。

デアデビルは、まぁまぁ重い話かなぁ~と思っていたけど、ジェシカ・ジョーンズを観たらこっちのほうが全然重くて、全部見るのがつらかった。
で、ルーク・ケイジは、僕の印象ではだいぶ軽めかなーと。

敵もデアデビルやジェシカ・ジョーンズに比べると、だいぶ弱いし。
ルーク・ケイジの性格も割と軽いし。
正直、デアデビルからの流れがなければ途中で見るのやめてますね。(笑)

えー、いいところをさがすとすると、音楽かな。
舞台の中心になるバー(っていうの?)は、音楽のステージをやっているので、各話、とっかえひっかえいろんなバンドが出てきます。
この音楽はなかなかいいです。

敵が強いと思えない割に苦戦するルークにはなんかイライラしますが、デアデビルから登場しているある意味キーとなっている、看護師のクレアが割とラブラブなのはちょっと良かったねと、ほほえましい。


さて、次はアイアンフィスト。
カンフーものだということなので、ルーク・ケイジより期待してます。

0 件のコメント: