Bose QuietControl 30の予約が開始!




いよいよ来ます。
最強のノイズキャンセル。

本日、10月13日から各ストアで予約開始、10月28日発売とのことです。
(アマゾン、ヨドバシ、ビックカメラなどで確認)

僕ですか?
もちろん、ソッコー予約済みです。(笑)


■■ノイズキャンセルはカナル型より優れている?

思えば最初にノイズキャンセル付のヘッドフォンというものを手にしたのは、QuietConfort15。
懐かしいですね。
それまではノイズ対策といえばカナル型でしょ、と思ってました。

もちろん、カナル型の遮音性はめちゃめちゃ魅力です。
もう、物理的に遮断、まるっきり耳栓なんですからそりゃ当然です。
しかもカナル型には、

・手頃な値段から手に入る
・電源不要
・壊れにくい

というメリットもあります。
数千円程度のものでも充分遮音しますし、電池切れで使えなくなるなんて事はありません。
さらに、ノイズを機械的にキャンセルするような複雑な仕組みを持ってない、単純なやつですから、断線以外に故障なんてありません。

しかし、悲しいことに大きなデメリットも。
それは、

・コードのタッチノイズが酷い
・食事や会話などすると、耳に自分の声や咀嚼音が響きまくる・耳に負担(耳栓が痛いとか、鼓膜が痛いとか)

という点。
耳にペタッと張り付くため、コードが服とこすれるノイズをもろ耳に届けます。
また、食事や会話で耳近くの骨が動くと、それも耳の中で響きます。
おとなしく音楽聞いている分には良いのですが、歩いていたり食事中だったりするとなかなか気になってきます。

それと最近は昔より良いモノがでてるようですが、付属のイヤーピースが自分に合うかどうかはやや博打みたいなところはありました。


ノイズキャンセルならこういう心配はない。
Boseのイヤーピースは非常に快適だし。


■■結局Boseが最強じゃないの?

最初QC15から入ったのですが、3年ほど使って断線してしまって、ParrotのZik2.0というものに乗り換えました。
他社の製品の悪口言っても仕方ないのですが、Parrot Zik2.0は装着感がイケテナイ。
頭頂部分が非常に痛くなるのですね。
音質は良いだけに残念。

ノイズキャンセルについて、最新のBose製品と比べたわけではありませんが、QC15と比べてもやや劣ります。

音質面でやや劣るものの、Boseの方が総合的に考えて全然上。
ということで、QC20が出たときに、「いつかこれがワイヤレスになったら買う」と決めていたのでした。


■■ワイヤレスは最強

ワイヤレスは最強。
大事なことだから2度言った。

ジョギング用にJabra Sport Pluseというイヤフォンを使っていたことがあるのですが、これが非常に快適。
コードを体の前に垂らすというのは、無くなってみるといかに精神的に負担だったのかがわかります。
BoseQC15を使っていたときも、あれ、やたらコードが長いんで邪魔だなぁと思っていたのですよね。

いよいよ時代はワイヤレスですよ、奥さん!
スポーツ用として、今はBoseのSoundSportWirelessを使っています。

オーバーイヤータイプのQC35もワイヤレスになりました。
ただ、どっちか1つ買うならインイヤーのQC30かな。
夏はオーバーイヤータイプは暑いし。


もう、届くまで楽しみで仕方が無いですね。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

【解決!】InDesignのエラー「ファイルが存在しないか、ファイルへのアクセス権がないか、またはファイルが別のアプリケーションで使用されている可能性があります。」

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Healbe Gobeが来た! ファースト レビュー。