ヒヤリングマラソンの延長を決めた理由

ヒヤリングマラソン4ヵ月を終了しました。
6ヵ月コースなので残り2ヵ月の予定でしたが、つい昨日、1年間の延長に申し込みました。


■■ヒヤリングマラソンで英語力が伸びると思える理由

一番の理由は、このままヒヤリングマラソンを続ければもっと英語力が伸びると思えたこと。
これはもちろん一番大きな理由ですよね。
これが目的でやってるわけですから。

ではなぜそう思えたかというと、

1.素材の難易度が高い
2.その難易度の高い素材をうまく学習できる仕組みになっている

この2点につきます。

いわゆる市販の学習参考書のほとんどは、英語学習用にスタジオでプロのナレーターが吹き込んだ音声を使用しています。
非常に条件が良いため聞き取りやすくなっています。
もちろんきれいな発音・イントネーションを身に付けるにはこういった素材が必要でしょうが、生の英語を聞き取るなど、ネイティブのレベルに近づくには不十分と感じることがあります。

もちろん、例えばヒヤリングマラソンの副教材にもなっているEnglish Journalなど手加減無しの素材は他にもありますが、ヒヤリングマラソンのテキストは学習ステップが良くできていて、素材を充分味わえるし、難しい素材にも順を追って挑戦できるようになっている点が素晴らしいところです。

■■学習方法がわかれば他の素材でも良いのでは?

まさにそれが最初の考えでした。
6ヵ月ヒヤリングマラソンを受ければ、学習方法がわかるから、それを元に他の(安い)素材で勉強を続ければ良いのでは無いかと。
それは今でもアリだと思ってます。

ヒヤリングマラソンの良い点は、素材の良さ、メソッドの良さの2つに分類すると、メソッドの良さの割合が高いと思いますので、学習メソッドを身に付ければ自分でやっていけるでしょう。
その意味では6ヵ月コースは手頃です。

でも続けたのには訳があります。
それは

■■続けてもそれほど割高では無い

まぁ、テストがあったりして楽しくモチベーションの維持がしやすい、というのもありますが、実のところそんなに高くないと思い始めている自分がいます。

残り2ヵ月となったところで更新の案内をいただきまして、早期に更新すると20%オフというオファーでした。
1年コースで43000円くらいになるのですが、ひと月あたり約3600円。
自分で学習して行くとしても何らか本を買ったりする必要もあるので、それを考えるとなかなかお手頃なお値段のように思えてきました。

個人的には、学習方法は分かった、が、せっかくペースに乗ってきたのだから、もうちょっとこのテンションを維持したいというのがあり、そのための対価としては払えるかなと。

■■努力が必ず実る

べた褒め過ぎて自分でも気持ち悪いですが(笑)、努力すれば必ず見返りがある素晴らしい講座だと思います。
伊達に何十年も続いていません。
ただし、努力(と時間)は必要で、これに取り組んでいる間は、とにかく英語中心に生活を組み立てる必要があります。
だから、次の延長はしないでしょう。
他の言語もやりたいので。

しかし、ヒヤリングマラソンは完走すれば必ずレベルアップできる、と思います。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所