レスター・シティがここまで頑張るっていったい誰が思った?

僕は海外サッカーはプレミアリーグとチャンピオンズリーグしか観ない、というかマンチェスターシティの試合しか観ない。
岡崎のレスター移籍は結構注目していて、プレミアで活躍する選手が増えることは嬉しいし、レスターも応援していこうと思った。
欲を言えばもうちょっと力のあるクラブに移籍できたら良かったのにね、くらいに思っていた。

しかし!
蓋を開けてみればクリスマス時点で堂々のプレミアリーグ首位。
(2位アーセナル、3位マンチェスターシティ)

ボクシングデイこそリバプールに敗れたものの、それでもなんとか首位にとどまっている。
年内はあと1試合だが、相手はわれらがマンチェスターシティ。
1位・3位の上位対決という注目のカードだ。

レスターはヨーロッパの試合が無いため、上位のチームよりはスケジュール的に余裕がある。
にしても、他にも同じ条件のチームの方が多い。

14-15シーズンを14位(勝ち点41)で終えたチームが、ここまで大躍進するとははっきり言って誰の予想をも超えていると思う。
全38試合中18試合と約半分を消化した時点での勝ち点は38。
もし次の試合でレスターシティがマンチェスターシティに勝つと、昨年の倍のスピードで勝ち点を積み上げていることになる。

岡崎の活躍は、まぁそこそこというところで、悪くは無いと思う。
それよりなにより、得点ランキングで1位を走るヴァルディ、同立2位のマレズの活躍が際立っている。

このまま優勝ということになったら、プレミア史上に残る偉業だ。
正直、かなり失速してもCL圏に入ればそれでも十分偉業だと思う。

ポイントは冬の移籍市場で選手を抜かれないようにすること。
選手層の薄さで後半失速しないこと、かな。
ヴァルディ、マレズは引き留めないと、どっかに持って行かれる可能性は十分あるので、冬の移籍には注目したい。
出て行くにしてもせめて夏まで待って、レスターを上位に導いてからにしてくれると、プレミアファンとしては面白いけどね。

来年、CLで戦う岡崎が観たいです。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。