第4世代AppleTVは子どもに優しい

やっとのことでhuluが新しいAppleTVに対応したので、子どもに開放してみた。

古いので一番不満だったのが、巻き戻し・早送りの遅さ。
しかも、速い早送りとかしてるときは、分数しか見えないので、どこまで進めれば良いのかが分かりにくくストレスがたまった。
新しいAppleTVのSiriリモコンはスワイプですすっとすごいスピードで観たいシーンを探せるから、まずこの点に満足。
本体スペックの向上もこの速さには一役買っているんだろうね。

それとSiriの音声コマンド。

仮に僕がAppleTVの設定をいじってて、そのままスリープにしてしまった場合、次に子どもが観るときに設定画面が表示されることになる。
そこから目的のhuluにたどり着くのは意外と難しいのだが、今回はSiriに「hulu」と言うだけですぐhuluが開く。

hulu内の動画検索はまだ未対応なのが残念だが、アプリの切り替えはやってくれる。
早送りとかも、「10分進めて」みたいな使い方もできるので便利。

あと、huluの番組の中のリストを見ているときに、「50番を再生する」と言ったら、50話を再生してくれた。
まぁ、これは使わないかもしれないけど。

とにかくユーザーフレンドリーになったことは確か。
とはいえ子どもは思いがけない操作をするので、ちょっと観察してみよう。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所