MOOV NOWがとどいたー。

MOOV NOWが届きました。
出荷連絡からちょうど1週間、思っていたより早かった。

出荷元はシンガポールだったようです。
トラッキングは、日本郵政のサイトだとほぼリアルタイムで履歴が見られるようで、配送終了直後に、履歴にも反映されていました。
「FINAL DELIVERY」って、配達終了って意味なのね、初めて知った。

レビューはまたやるとして、第一報。


●装着感
やたら軽い。
シリコンバンドも細くてしなやか。
GoBeのような、装着していて不愉快な感じは全くない。(笑)

GoBeはでかいしバンドは固いし、心拍計るから密着させる必要があるしで大変でしたが、MOOVは付けているのを忘れるほどです。
もしかして落としたかと思って、袖めくって確かめちゃった。


●アプリ
アプリとの連携は簡単。
MOOV本体の上を押すと自動検出されます。
1秒。

アプリの作りがちょっと独特な感じ。
というか、普段の活動状態も記録できるけど、メインは運動の記録なんだよね、きっと。
ランニング・ウォーキング、サイクリング、スイミングなどの記録をすぐに始められるようになっていますが、いわゆる活動量計のアプリとはちょっとアプローチが違う感じ。

また、MOOV NOWは歩数を測れません。
歩数ではなく、活動的な時間を記録するようになっています。
元々の開発コンセプトとして、歩数の記録では不十分、というのがあるので、もっと総合的に活動的な時間を記録すると言うことのようです。

従来の活動量計とはちょっと比べづらい感じがあるね。


●半日使ってみて
まだ半日ですが。

まず、活動的な時間は秒単位で記録されます。
かなり細かく計測しているようですね。

Fitbitでは確か10分以上まとまって動いたときだけ、アクティブな時間として計測する仕組みなはず。
これは考え方の違いですけど、家の中で家事をしているときの活動状態もMOOV NOWではこまかく記録されます。
(FitBitでは動いたり止まったりを繰り返す動作はアクティブな時間にならない)

睡眠のトラッキングも自動です。
ソファに座っているときと眠っている時をどうやって区別してるのか知らないけど、確かに布団に入って眠りにつくと、睡眠と記録されます。
すごい。

ただ、途中でトイレに起きた時間も睡眠時間になってました。

それと、スマホアプリとの連動はかなりタイムラグがあります。
何もしないで放っておくと、数時間同期されないこともあります。
これは電池節約のためかと思われます。
もちろん、本体を押すことで強制同期もできます。(アプリからも操作可)


ちょっとこれの真価は、ランニングなどで使ってみないと分からないですねぇ。
でも付けてて邪魔にならないのはすごく良いです。
1週間くらい付けてみて、FitbitOneのデータと比較してみようかな。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所