AppleTVゲームレビュー crossy road、アスファルト8

新AppleTVを買ったけど、目当てのhuluが非対応ですることがなく(涙)、とりあえずゲームを試してみた。
とりあえずお金を払わずに試してみたかったので、いずれも無料で始められるcrossy roadとアスファルト8。

まず両方(というか全部)に言えることとして、画面がめちゃくちゃきれい。
最後に持ってた据え置き機がプレステ2で、FullHDのゲーム初体験なので(笑)、もうギャップに驚きすぎです。
最近のゲームはすごいねぇ。。。

操作感。
どちらも、付属のリモコンでの操作をしてみたが、ゲーム中の操作感は良好。
アスファルト8はリモコンを横持ちにするので、ちょっと小さいかなとも思うけど。
子どもでも使いやすいかな。


●crossy road
ニワトリがぴょんぴょん跳びはねて、車や電車をさけながら道路を渡っていくというシンプルゲー。
2人協力プレイや対戦的なプレイもできるらしいが、とりあえず1人プレイで。

siriリモコンのタッチパネルをスライド、あるいはクリックでの操作。
直感的でやりやすい。

ゲーム自体は非常にシンプルであって、一人で延々やり続けるかというと疑問。
iPhoneでやる場合は空き時間にちょこっとっていう用途だろうけど、AppleTVでやるなら、2人でやってこそ楽しいゲームかなと。
まぁ、タダだし、こんなもん?


●アスファルト8
siriリモコンを横持ちにして、ハンドルのように傾けて操作する。
難しいが楽しい。
横持ちにするとちょうど再生のボタンが上向きの矢印になるんだけど、このボタンをブーストとして使うのが良いアイディア。
思いついた人も、「スゲー事思いついた!」って思ったんじゃないかな。

レースゲームとしては、前後の相手がどこにいるのかよく分からないし、分岐でどっちに進めば良いのかも分かりづらく、適当に遊んでいたけど、爽快感有り割と楽しめた。
ちゃんと攻略しようと思ったら、ネットでコースの情報集めたりするのかな。
やりこみ要素がどの程度有るのかはよく分かんないけど。

ソシャゲ的に課金するとすぐにパワーアップできるようなつくりなので、パワーアップするときっと車の性能がぐんぐん上がって行くんじゃないかな?
そう考えるとレースゲームとしての作りはある程度大雑把なのかも。
走っている楽しさ優先と考えれば、まぁ、楽しいけどね。

ただ、レース前後の画面でインターフェースがゴチャゴチャしてて分かりづらい。
iPhone版などはやったことないけど、画面構成がいかにもiPhoneっぽい。

AppleTVは画面を直接タップできる訳じゃないので、ボタンがあちこちにあると操作しづらい。
更に言うと、課金がチラチラいろんな所に出てると、子どもに課金無しで遊ばせる場合に邪魔。
まぁ、このモデルだと課金してくれないと儲からないから仕方ないんだけどね。

AppleTVは家族で使うことも多いと思う。
その場合、課金があるゲームはあんまり入れておきたくないかな。

ま、タダだし、AppleTVのゲームがどんなもんか試してみるには、絵もきれいで良いんではないかなと。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所