iPadのratinaディスプレイに慣れていると、kindleはpaperwhiteじゃダメだ。。。ということでvoyage

kindleが30日間返品キャンペーンというのをやっとりまして、最近仕事が忙しくストレスたまっていたこともあり、ここは大人買いでしょ、ということでkindle paperwhiteを買ってみました。

が、しかし。
期待したほど字が見やすくない。
解像度212dpiだっけ? これはratina ipadに迫ると思っていたのですが、einkの特徴なのか、液晶ほど文字がシャープに出ません。
コントラストの低さも影響しているのかも。
主観的な表現ですが、印刷がやや不鮮明でインクが薄く、字がかすれている状態に近い見栄えなのです。

これがね、多分ノーマルkindle(解像度の一番低いもの)からpaperwhiteへの乗り換えとかだったら問題無いって言うか、感動するんだろうけれども。
iPad Retinaの解像度が高く、絵がシャープな環境に慣れているとどうにも緩く感じられてしまう。。。

じゃあiPadでいいじゃん、という話にもなりかねないが、kindleにはkindleのメリットがありまして、

●目が疲れない
●電池の持ちが桁違い
●軽い

というところで。
お手軽さに関してはiPhoneでも良いんですが、電車でiPhoneを使って本を読んでいると電池の減りが気になっちゃって。
かといってiPadを取り出す気もしないし。
そもそも液晶のバックライトはずっと見てると目が疲れる感じがあるしね。
ちょっと暗めの喫茶店なんかだと特に、eInkいいなぁと思います。

で、どうせ気に入らなかったら返品して良いんだし~、という軽いノリでvoyageを注文。
まぁ、思うつぼですよね。。。

届いて一目見るなり、今度は感動!
文字がシャープでコントラストも高く、明朝体・文字サイズ3~4でもルビもちゃんと読める。

Paperwhiteでも読書はできます、多分ね。
だけど、長くつきあうと思われるkindle。何年も、ずーっと、ちょっとずつ我慢しながら読書するかと思うと気が乗りません。
そういうわけで、paperwhiteは返品。voyageお買上げ!ということになってしまいました。

5年使えば一年あたり5000円くらいでしょ? 安い安い!(と自分を納得させる)

まぁそんなわけで、解像度の高い液晶タブレットで読書をしていた方がKindleに乗り換えるならvoyageで決まりなのかなぁと、個人的には思う次第でございます。


コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所