Parrot Zik2.0とBose Quiet Comfort比較

Parrot Zik 2.0のある生活にもだいぶ慣れてきました。
コードがないのって本当にステキ。
Zik2.0を買う前に使っていたQCと比較してみようと思います。
※一世代前のQC15ですが、まぁそんなに大きく変わらないと思います。


■■ノイズキャンセル(遮音性)
Zik2.0 < QuietComfort15

いきなりZik2.0が負ける項目からですが(笑)、まぁ、Zikで気になるのってノイズキャンセリングでしょう?
これはQuietComfort15の方が正直言って優秀です。
っていうか、Boseのノイズキャンセリングは抜きんでてると思います。
なので、ノイズキャンセルの性能を重視するならQuietComfortの方が良いです。
が、Zik2.0も普通の電車通勤で全く問題ありません。
地下鉄などで騒音が激しい場合には力不足を感じます。

というか、本当にうるさい地下鉄だと、もうカナルじゃないと無理、みたいな所もありますので、今のところノイズキャンセルで何とかなるものじゃないかもしれません。
(Bose QC20はタイプは違うけどすごかったから、もしかしたら何とかなっちゃってるのかも)

そんなわけで、ノイズキャンセルはQCの勝ち。


■■装着感
Zik2.0 > QuietComfort15

ワイヤレスの快適さは得がたいものです。
リュックを背負い直したり、上着を脱いだり、そういうときに邪魔になるものがない。
また、QuietComfortでやや感じた、コードのタッチノイズがありません。

それと、耳当て部分。
Zik2.0の方が柔らかくて好みです。
ただ、ヘッドバンドはQCの方がいい。

まぁ、総合するとやっぱりこれはZik2.0の勝ちです。


■■音質
Zik2.0 > QuietComfort15

良く「QuietComfortは音質が悪い」というレビューを見かけますが、比べてみると確かに納得。
QuietComfortを使っていたときはそんなに思いませんでしたが、Zik2.0で聴くと音楽が楽しい!

好みに応じてアプリでイコライザーや反響効果を調整できるのも、そういうのが好きな人には良いんでしょう。(僕は使わないけど)
圧倒的にZik2.0の勝ち


■■バッテリ寿命
Zik2.0 < QuietComfort15

QCは信じられないくらい長く持つ。かつ、15は単4電池駆動なので、予備のエネループを持ち歩けば無敵。
(一応、メーカーは充電池での動作を保証してないですが)

対してZik2.0は、初代より寿命が延びたとはいえ、2~3日に1回は充電が必要な感じです。(1日2~3時間程度使用)
エフェクトを使わないと電池の持ちが良くなるようです。
いずれにしても、まぁこれはちとめんどくさいね。
1週間くらい持ってくれると良いんだけどな~。

この点では圧倒的にQCの勝ち。

ちなみにZik2.0は電池が切れてもコードをつなげば有線で使えます。
が、まぁ、何とか使えるけどね、くらいなレベルで音質は最悪です。(笑)


■■見た目
Zik2.0 > QuietComfort15

QuietComfort15もかっこいいけどね。
Zik2.0のオシャレ感には遠く及ばない。
このオシャレ感のためにヘッドバンドの付け心地がヤヤ犠牲になってるんじゃないかと思える程ですが。(笑)
非常に所有の満足感を得られる逸品です。


■■総合
総合すると、僕的にはZik2.0の勝ち。
まず、ワイヤレスの快適さ、そして音質がポイントですね。
この二つは音楽を楽しむ上でやっぱり重要なんで。
Zik2.0はホント良い買い物でした。



--(関連記事)
レビュー:Parrot zik 2.0を買ったよ!

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

【解決!】InDesignのエラー「ファイルが存在しないか、ファイルへのアクセス権がないか、またはファイルが別のアプリケーションで使用されている可能性があります。」

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Healbe Gobeが来た! ファースト レビュー。