レビュー:オーディオブック 「スタンフォードの「英語ができる自分」になる教室」

スタンフォードの心理学者ケリー・マクゴネル博士の本です。
心理学的なアプローチから、三日坊主にならず英語学習を続けて目標に到達する方法を、英語で聞くというもの。

前半は先生へのインタビュー、後半は具体的なメソッドとなっています。
本人の声であることも、ファンにはポイントかな。

インタビュー部分は先生、やや早口。
後半は少しゆっくりになって分かりやすいです。

内容自体もためになるもので、モチベーションも上がり非常に良いです。
リスニングやリーディングの練習で繰り返し触れる英語だからこそ、こういう良質なプラス思考の素材を使いたい。
モチベーションの維持に絶対役立つと思いますね。

おすすめです。


コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所