正確かつ快適に、常に心拍をモニタ可能 AmpStrip 【Indiegogo】

少し前までは心拍計と言えばチェストバンドか、腕時計的なもので指を所定の場所に付ける必要があるとかそんなものだったが、
最近では心拍をモニタできるリストバンドなども増えてきた。

チェストバンドは一日中付けているわけにはいかないし、面倒、付け心地が悪いというデメリットがあった。
指を付ける必要がある機器は、運動中にはかるのがやや面倒で、やっぱりなんもしなくても自動的にはかれてて欲しい。
リストバンドタイプはこういった点を克服したけど、運動中に動いてしまうため、正確性に欠ける。

そして、もしかしてファイナルアンサー?的な心拍計がこれ!


なんかへんな形。(笑)
どうやってつかうかというと、こんな感じね。


胸の下あたりに貼り付ける。
でかい絆創膏みたいな感じかな?
実際サイトでも、装着感はバンドエイド的な感じと書いてある。

要するに貼り付ける心拍計というところだ。
どのくらい快適なのかわからないけど、チェストバンドよりずっとマシなことは確か。
で、24時間常に装着し続けることを想定しているらしい。
リストバンドより正確な心拍が常にモニタできるのはすごく新しい。
防水とのことなので、起きてるときも寝てるときも、水泳とかバスタイムでも外さなくて良い。

もちろんデータはワイヤレスでスマホに同期。

さらにすごいのは、モニタできるのは心拍だけじゃない。

●呼吸(の数だと思う)
●肌の温度
●姿勢
●睡眠
●ストレス
●消費カロリー
●アクティブな時間
●歩数

と、いわゆる最近の活動量計がモニタしているデータは一通りおさえている。
特に肌温度・呼吸なんかは、身体にぴったり張り付くだけにリストバンドより正確なんではないかと予想している。
バッテリーも通常の使用なら7日程度もつ想定のようだ。

いまだとIndiegogoで$119で予約できる。
実売価格は$149.95の予定とのこと。

やべ、これ欲しい!と飛びつきそうになったんだけど、やっぱりちょっと弱点も。

まず身体に貼り付けるためにはテープ的なものが必要で、これは消耗品。
ランニングコストがかかるのはあんまりやだな。

そして心拍計などが通信する規格として一般的なANT+に非対応ということ。
将来的には対応版も検討するようだが、最初のバージョンは非対応で行くらしい。
ANT+に対応していると、いろいろなiPhoneのランニング系のアプリと連携できるんだが、非対応と言うことは純正のアプリのみでの使用になるということだろうね。

というところで危うく踏みとどまったが、かなり魅力的な商品だと思う。

Indiegogoで2015/2/8まで受付中
AmpStrip - Comfortable 24-7 heart rate wearable
https://www.indiegogo.com/projects/ampstrip-comfortable-24-7-heart-rate-wearable/x/2504760

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

【解決!】InDesignのエラー「ファイルが存在しないか、ファイルへのアクセス権がないか、またはファイルが別のアプリケーションで使用されている可能性があります。」

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Healbe Gobeが来た! ファースト レビュー。