fitbitの次世代商品群たち Charge、Charge HR、Surge

僕はもう2年近くfitbit oneを愛用している。
実は3代目であって、最初のものは初期不良っぽいフリーズがちだったので、サポートで交換して貰った。
2代目は洗濯してしまって(汗)、乾かして一回復活したけどやっぱりだめ。
そして今使っているのが3代目。

なぜfitbit oneなのかというと、
●floor(登った階数)を記録できる
●ブレスレットタイプだと煩わしい
という点から。

これだけずっと使い続けていると、次もfitbitが良いなぁという愛着もわいてくるわけで。
で、fitbitが発表した新しい商品群が非常に魅力的だったりする。

ラインナップは

1.fitbit Charge($129.95)
2.fitbit Charge HR($149.95)
3.fitbit Surge($249.95)

1のみ既に北米で発売中。2・3は来年春以降らしい。
残念なことにと言うかなんというか、いずれもブレスレットタイプ。
機能的には、Surgeがフル機能版で、

・GPS付き
・心拍計
・活動量計(従来のものと同様)
・電話、メッセージの着信アラート
・自動睡眠トラッキング
・サイレントアラーム(バイブの目覚まし機能)
・タッチパネル
・音楽コントロール

という感じのようだ。
Charge HRはGPS、タッチパネルモニタがない。
着信アラートもCaller IDとしか書いていないので限定的っぽい。
音楽コントロールもできない。

ChargeはHRから心拍計を省いたもの。

Surgeはフル機能ですごいんだけど、でかいし高い。
まぁ一番売れるのはChargeHRじゃないだろうかね。
20ドルけちって心拍計なしを選ぶ必要もあまりないかと思うし。

ブレスレットタイプは面倒ではあるが、心拍計が付いているならありかな。
付け忘れ・はずし忘れを防ぐにはこちらの方が良いし。
気になるのはいずれもスペックによるとWater Resistanceだということ。
これ、実際の所どのくらい大丈夫なのか分からないんだよね。
少なくともプールや入浴ではずす必要があるのは分かるが、洗い物とかは大丈夫なんだろうか?

いずれにしても、心拍計と自動睡眠トラッキング(ボタンなどを押す必要が無い)がついて、安心のfitbitブランドということで、ChargeHRが気になってたまらない。
Surgeも気になるけど、GPSが内蔵されていることでどのくらいメリットがあるのか、もう少し情報出てきたら検討したい。

来年はApple Watchも出るし、マイクロソフトの活動量計も心拍計付きみたいだし、腕で心拍をはかれるデバイスがかなり身近になってきた。
楽しみだな、いろいろ。

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所