QQ English 第2回めの体験レッスン申込のこと

スカイプ英会話のQQ Englishの体験レッスンに申し込んでみた。
体験は2回あるのだけれど、先日の1回目のあと、日本人スタッフのかたが「2回目どうしますか? 今予約しますか?」と言ってくれたけど、ちょっとスケジュールを確認したかったので、後で自分で予約することにした。
http://hcondo2000.blogspot.jp/2014/10/qq-english.html


で、ちょっと冷静に考えてみたけど、まぁ、どうせ夜中の12時頃に予約するんだし、ダメな日なんてあるもんじゃない。
むしろ予約しちゃって、それに合わせればいいし、それができる時間帯だと思い直した。
そうやってどんどん予約していかないと続かないしな。

そんな訳で、予約を取りにマイページにアクセス。
実はレッスン後にくだんの日本人スタッフの方からメールもいただいていて、おすすめの講師のリストも付いていた。
せっかくだからこれから探そうと思ったんだが、なんと! 講師の名前で検索できず。。。(見つけられないだけ?)

さて、こうなると困った。
なぜならQQ Englishは講師の数がかなーり多くて、もう、砂漠に一人放り出された気分だ。

QQ Englishは講師にランクがあって、25ポイントと50ポイントの講師が居る。(75ポイントの講師も居るはずだが、見かけない)
無料体験は50ポイントが与えられているので、せっかく選ぶなら50ポイントの講師という気がする。
しかしそれでも全然絞れない。

さらに頂いたおすすめ講師のリストと頑張って見比べたが、見つからない。(苦笑)
どうやら既に、僕が希望するスケジュールが埋まってしまっていて出てこないようだ。
さすがおすすめ。

しかし根気よく探してみた結果、違う日程で二人見つけて、そのうちの一人を選ぶことに決定。

いやー、なんか楽しいような楽しくないような。
講師が多いというのはメリットでもあるけど、インターフェースは考え物だわ。
選びやすい仕組みがあるといいよね。
ただ、相手が人間なんで、例えばAmazonみたいに、「この商品を買った人はこれも買っています」的なレコメンドも上手くいくかどうか分からないしね。
難しいところ。


とりあえず無事金曜の深夜に予約を入れることができたので、後は楽しみに待つべし。




……で、終わらないのが今回。

実はQQ Englishでカランメソッドというのも気になったのだが、メソッド自体に賛否有るようだし、QQで続けるなら少し日常会話コースで慣れてみてから試してみようかなと思っていたのだが、DMEというものを見つけてしまった。
ダイレクトメソッドフォーイングリッシュの略らしい。

カランメソッドと共通点もあるようだが、自分で調べた限りではこちらの方が印象がいい。
QQは初回担当してくれた更新も非常に良かったが、人気過ぎて次回なかなかお目にかかれそうもないし、そういうのもどうかな~という思いもあったので、ここは1つ、DMEが試せる別のスクールも体験してみて決めることにした。
選んだのはiTalk。

もう、こういうときはノリと勢いで突っ込むことにして、さっそくこちらも来週火曜に体験を入れてしまった。

果たして体験はこの2つで終わるのか。
はたまた別のものも気になってしまうのか。
自分でも分からない。。。

--
オンラインのスカイプ英会話体験記(レビュー) 一覧はこちら
http://hcondo2000.blogspot.jp/2014/10/blog-post_10.html

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所