いつでもどこでもスマート筋トレできるTAO WellShellがステキ。

CES 2014で出展しているらしい、TAO WellShellが、マジで欲しい。
この写真左側のちょっと変わったデザインのデバイス。

筋トレって言って一般的に想像するトレーニングとはちょっと違うかもしれないんだけど、このTAOはアイソメトリックトレーニングを行うための機械。
アイソメトリックというのは、静止した状態でのトレーニングなんだけど、簡単に言えば筋肉に力を入れた体制を一定時間キープするというもの。

例えば両手を胸の前で拝むようにあわせて、ギュッと力を入れて押す。
その状態でキープすると大胸筋が鍛えられる、というもの。
自重で行う腕立て伏せは、体重以上の負荷をかけづらいが、この方法だと左右の筋肉がお互いに負荷を掛け合う形なので、ちゃんとやればかなりの負荷をかけることが出来る。

で、このTAOの出番。
上記の運動をする時に、手の間にTAOを挟むわけ。
そうするとどのくらいの力で押しているかを判定してくれて、記録したりアドバイスしてくれたりするというシロモノ。
もちろんiPhone・Androidなんかと連携する。

より効果が出るように、緩急付けるような音声ガイダンスがついたり、心拍なんかも計測してカロリーを計算したり、ゲーム的な要素でモチベーションを保ってくれたりと、なかなかおもしろそうだ。

しかも150gと軽く、約8.2cm×11cm×2.4cmとそれなりに持ち運びやすいサイズ。
どうやらいつも持ち歩いてもらって、空き時間でトレーニングできるように、というコンセプトっぽい。
なんと、持ち歩いている間は歩数計的な機能も果たしてくれるようだ。

これは欲しい。マジで欲しい。
だが、まだプロトタイプ段階らしく、発売時期・価格は分からなかった。
続報に期待だな。

TAO WellShell
http://tao-wellness.com/


----(2014/3/19追記)
Kickstarterで予約開始してた。
いつでも筋トレできるガジェット TAO - Turn Downtime into Exercise Time™【kickstarter】

コメント

このブログの人気の投稿

FacebookアプリのSMSアップデートの通知をオフにする

子どもがマイクラPEで、友だちとオンラインマルチプレイをやりたいと言い出したときの話。

Adobe Photoshop CS6の自動保存機能のファイル保存場所