AdSense独自

2013年8月7日

fitbit oneで運動(ランニング)に目覚めた僕が買った、3つの便利アイテム

fitbit oneは(というか全ての活動量計には)魔力があって、数字の変動がおもしろくなって、少しでも前日より数値を伸ばそうと思ってしまう。
まぁ、やり過ぎは禁物ですけど、しっかり記録されることによるモチベーションアップってのはやっぱり良いですね。

そしてついに(?)歩くだけでは飽き足らず、定期的にランニングしちゃおうと志したわけです。
もちろん!カタチから入りますので、いろいろ便利でかっこいいアイテムを集めるところから始めました。(笑)


■■ランニングシューズ: ナイキ フリーラン+3
まずは靴。
ランニング用ではないスニーカーというのは持っているのですが、どちらかというとオシャレ用?という感じですし、最近の技術はいろいろすごいと聞くので、ランニング専用のものが良かろうと。
靴屋さんに行ってみると、いろいろタイプがあって迷います。
バネがすごいとか、通気性が良いとか。値段もピンキリ。
この辺、素人にはよく分からないのですが、どうせ一度に10キロとか、本格的に走るつもりはありません。
値段的に一番安いクラスのものは、せっかくランニング専用を買う意味をあまり感じませんでしたし、ハイエンドは不要、ということで、ミドルクラスと思われる5000円~8000円前後くらいがいいのかなぁという勝手な思い込みで探しました。

選んだのはこれ! ↓
ナイキ フリーラン+3



これ、靴がめっちゃ柔らかくてグニャグニャ曲がります。
ウリとしては、ハダシ感覚で走れるということで、確かにちょっと分厚い靴下をはいているような感覚かも。
足裏から地面の感触が伝わるのに、きちんとクッションも効いていて足に負担がかからないし、速く走れる気がします。
見た目もカッコイイので、普段履きとしても使えそうで、良い買い物でした。


■■ウエストポーチ: SPIBELT ラージ
走る時、家の鍵とか小銭入れとか、できればドリンクとかそんなに大量じゃないんだけど一緒に持って行きたいものがあります。
ポケットに入れて走ると邪魔だし、場合によってはこすれたり、飛び出したりしてうざったい。
かといって、普通のウエストポーチやリュックなんかだと、走っている時の振動でユサユサしてじゃま。

と思っていたら、やっぱり最近は良いのがあるなぁ。
ランニング用のウエストポーチ。



SPIBELTはかなり伸びる素材でできていて、中に入れたものがユサユサしない。
財布・鍵・携帯なんかを入れておくのにはとても良いです。

サイズ的には一応500mlのペットボトルが入りますが、さすがにペットボトルを入れるとユサユサします。とはいえ、長距離のジョギングができないと言うことではありません。
飲んで軽くなってくると揺れも小さくなるし。

コツは、ウエストの細いところよりも少し下めの位置にして、ボトルを腰側に回す方が安定します。

まぁ、なによりカッコイイからね、これ。


■■ソニー ステレオヘッドホン MDR-AS200
一回だけ、iPhoneに付属のイヤフォンで走ってみたんですが、いやー、これは全然ダメですね。
すぐに抜けそうになって気が散ってしまう。
やっぱりちゃんと耳に引っかかって振動にも強いものでないとダメです。
で、これ。
選んだ理由は安かったから。(笑)



別にランニング中に音質にこだわらないので、普通に外れずに聞こえてれば良いですからね。
十分実用的でした。色も黒の他、ブルー、ピンクがあってSPIBELTともバッチリ色が合います。


■■番外。nike+ running
無料のiPhoneアプリなのでアイテムという程のものではないですが、これは便利!
何ができるかというと

・GPSで走行経路を自動記録
・走行時間も記録
・ペースも詳細に記録。後でグラフで、速かったところ遅かったところを確認できる。
・音声フィードバック付き。
 距離(最低0.25kmごとから)もしくは時間(1分ごとから)で、そこまでの時間とペースを音声で教えてくれる。

人間漠然と覚えていられることなんてたかがしれてますが、こうして自動的に詳細な記録が残ると、トレーニングの効果がはっきりします。
また、例えば今日は5kmを走ろう、目標ペースは1kmあたり5分、などと決めていれば、音声フィードバックを聞きながら調整ができます。
計算しなくても秒単位まできっちり教えてくれるので、ちょっとでも改善すれば分かりますし、逆にちょっとサボったのも分かっちゃう。(笑)

こういう便利なソフトが簡単に利用できるんだからすごい時代だなと思いますね。

0 件のコメント: